2011年02月23日

中尾ひろ子<個展>『grotesque』のご案内

この度、弊社ギャラリーviewing room shinjukuにて中尾ひろ子 個展『grotesque』を開催いたします。
中尾ひろ子は、90年代にロンドンで制作活動をスタートし、2001年にヴィクトリアミロギャラリー プロジェクトスペースで個展を開催するなどイギリスを中心に制作発表をして参りました。
近作で中尾は、コルセットやスカートの芯(クリノリン)など伝統的な女性の衣服からモチーフを引き出し、文化的制度によって隠された女性の本来的な性質や欲求を暴きだす作品を制作しています。
それは社会制度や流行により一元化されてきた“美の価値観”や“欲求“へのアンチテーゼでもあります。
中尾にとって、日本でのはじめての発表となる本展覧会では、コルセットとクリノリンのシリーズによるインスタレーションを初発表いたします。

中尾 ひろ子 個展 “grotesque”
2011年3月4日(金)−4月9日(土)
Opening:3月4日(金)  18:00−20:00
12:00-19:00 (日、月、祝 休み) 
Yumiko Chiba Associates viewingroom shinjuku

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4−32−6
パークグレース新宿 #206

corsetblobdetail4.jpg
中尾 ひろ子
“Corset with Innards”(Part)
2008
Mixed Media
60×30 cm
cHiroko Nakao / Courtesy of Yumiko Chiba Associates




アーティスト・ステートメント

私は、美とグロテスクを同時に表現している。
何が美で何がグロテスクなのか、その境とはなにか。

美とは究極の緊張感であり、その緊張感がゆるむ寸前である。
ゆるむ寸前にその美は最大化され、ゆるんだ瞬間にそれはグロテスクと変化する。

雪が溶けていく寸前の一瞬だけに結晶を見せる、そのようなものである。

そして、美、はかないもの、壊れやすいものを維持しようとしたとき、
その内側にグロテスクが存在する。

美に対する欲求は自然なものであるが、
同一化された美は個性がなく、流行は、過ぎ去った瞬間、美とされなくなる。
そのような美への欲求や精神そのものがグロテスクである。

中尾ひろ子

***************
会期中、青山 骨董通りのジュエリーショップ内でも中尾の“赤の作品”をご覧頂けます。

期間:2011年2月8日(火)-4月9日(土)
会場:コンセプト ジュエリーワークス

〒107-0062
東京都港区南青山6-11-8 M.A.K FLAT
tel:03-6427-4477
e-mail:contact@concept-jw.jp
http://www.concept-jw.jp/
営業時間:11:30-19:30(月曜定休 *祝日の場合は営業)

Concept Installation_1k.jpg
installation view at concept jewelry works
2011


中尾ひろ子

神奈川県生まれ

個展
2003 ティム ヘミングトン&中尾ひろ子(コラボレーション)
アンドリュウママリーギャラリー ロンドン
2001 ウスターシティーアートギャラリー&ミュージアムオブウスター 
イギリス プロジェクトルーム ヴィクトリアミロギャラリー ロンドン
1998 サンダンサーギャラリー ロンドン
1996 56ロンドンウオール ロンドン

グループ展
2005 Lekker. APTギャラリー ロンドン
My Room. ソフィアンフォルム美術館 コペンハーゲン
Where The Wild Things Are . UTSギャラリーシドニーテクノロジー大学 オーストラリア
2005−01 フリーズアートフェアー(ヴィクトリアミロギャラリー)ロンドン
    バーゼルアートフェアー(ヴィクトリアミロギャラリー)スイス
    バーゼルマイアミアートフェアー(ヴィクトリアミロギャラリー)アメリカ
    アーモリーショウ(ヴィクトリアミロギャラリー)アメリカ
2004 Extended Painting ヴィクトリアミロギャラリー ロンドン
2003 Tale of the Thread. ロヴェレトコンテンポラリーアートミュージアム イタリア
The Bold & the Beautiful. New Art from London.
プロジェクトスペース メルボーン&カーネギーギャラリー オーストラリア
2002 The Bold & the Beautiful. マイルエンドパークパビリオン ロンドン
    A Little Bold & Beautiful. ファーガソンギャラリー ロンドン
    Beyond The Pale: Material Possibilities.
ノイバーガーミュージアムオブアート ニューヨーク
   Japan Four. パンプハウスギャラリー ロンドン
2000 Crossed Purposes. マフジギャラリー ロンドン
   スノーギャラリー ロンドン
   Assembly. ステップニーシティー ロンドン
   Together Again. パンプハウスギャラリー ロンドン
   Plastic. ヒースロー空港 ロンドン
1998 Number Sixteen. メイフェアー ロンドン
       Music Room. グレイス ロンドン
1994 Office. タワーブリッジ ロンドン




posted by ユミチバ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大 新刊写真集「カスババ」のご案内

*****新刊 写真集のご案内********************
「カスババ」とは、鷹野が10年以上前から撮り続けている『毎日写真』から「どうしょうもなくつまらない場所」を抜粋し、それらを滓(かす)の場所、略して「カスバ」と名付け、複数形にしたものです。

鷹野が「撮り続けていくうちに、憎しみから嫌な嫌なイイ感じへと変化していった」と語るように、見ているとどこか愛おしくなる「カスバ」達を、ご覧下さい。
カスババ.jpg

写真集 『カスババ』
Published by大和プレス
2011年2月発行
価格 ¥6,000.-(税別)

<特装版>
限定20部/オリジナル・プリント付(20種/各 ed.1)  
作家サイン入り 
価格 ¥48,000.-(税別)

posted by ユミチバ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中麻記子<個展>『Toile et Papier』のご案内


田中は2008年より油彩作品の制作を始め、昨年よりパステルによる絵画にも取り組んでいます。
今回の個展では、作家の近年の変遷をご覧いただけるよう、油彩、パステル画を展示致します。
現在田中は再び油彩の制作をはじめており、数点では有りますが、油彩の最新作もあわせて展示いたします。

<個展> 
『Toile et Papier』
会期:2011年2月17日(木)−28日(月)
会場:新宿高島屋10階美術画廊 (東京)

〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/
lepollen.jpg
田中 麻記子
“le pollen”
2010年
445×380mm
Pastel,Paper on Panel
cMakiko Tanaka
Courtesy: Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。