2010年09月24日

高松次郎 <個展>『Jiro Takamatsu Early Works』開催のご案内

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuでは『Jiro Takamatsu Early Works』を開催いたします。
今回の展示では高松次郎の初期シリーズである「単体」, 「弛み」シリーズの作品を展示いたします。
また、会期中には、光田由里氏によるレクチャーも開催致します。
この機会に、何卒足をお運び下さいますようお願い申し上げます。

“Jiro Takamatsu Early Works”
期間:2010年9月24日(金)−11月13日(土)  12:00-19:00 (日、月、祝 休み)
会場:Yumiko Chiba Associates viewingroom shinjuku

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4−32−6 パークグレース新宿 #206
Tel:03-6276-6731 Fax:03-6276-6738
協力:高松靖子/The Estate of Jiro Takamatsu

レクチャー 『高松次郎の表象批判 それを1968年問題と呼ぶとしたら』
講師:光田 由里氏 (渋谷区立松涛美術館 学芸員)
日時:2010年10月16日(土) 15:00〜16:30

参加費:500円(ドリンク付き)
定員:20名

ご予約・お問合せ:Yumiko Chiba Associates
  TEL:03-6276-6731
Mail:info@ycassociates.co.jp

コンクリートの単体.jpg
高松 次郎
“コンクリートの単体”
1971年
コンクリート
50×50×27cm

cYasuko Takamatsu
Courtesy:The Estate of Jiro Takamatsu/
Yumiko Chiba Associates


高松 次郎
1936年東京生まれ。1958年 第10回読売アンデパンダン展に初出品し、1963年に赤瀬川源平、中西夏之とハイ・レッド・センターを結成。1968年 第34回ヴェネツィアビエンナーレに出品、カルロカルダッツォ賞受賞。1977年 第6回ドクメンタ参加。1996年 美術館での初の個展 ”高松次郎の現在”を新潟市美術館、三鷹市美術ギャラリーで開催。1998年逝去。1999年 個展 ”「影」の絵画とドローイング”を国立国際美術館で開催、2000年 ”高松次郎―1970年代の立体を中心に”千葉市美術館、2003年 “再検証・高松次郎絵画作品〜アトリエより” 三鷹市美術ギャラリー、2004年 回顧展となる”高松次郎―思考の宇宙”が府中市美術館、北九州市立美術館で開催される。2009年には生前から制作し続けた約4000点におよぶドローイングをまとめた ”Jiro Takamatsu: All Drawings"を大和プレスより発行、同年にはNYのMcCaffrey Fine Artで個展が開催されるなど現在も評価され続けている。

・高松次郎 書籍  来春刊行予定
「高松次郎の『言葉ともの』 日本現代美術の課題 1961−72(仮称)」 光田 由里 著
 発行:大和プレス




posted by ユミチバ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。