2009年07月09日

田中麻記子 新作個展「kiwi & guava」

■田中麻記子 新作個展「kiwi & guava」の展覧会風景をご紹介いたします。 
 
 GALLERY at lammfromm ラムフロム・ザ・コンセプトストアにて7月24日(金)まで開催中。
URL: http://www.lammfromm.jp/

DPP_0027.JPG DPP_0006.JPG DPP_0029.JPG
©Makiko Tanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates



posted by ユミチバ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荘司美智子 個展「LOCATION」のご案内

■荘司美智子個展「LOCATION」のご案内を致します。
 
 本企画は、弊社の協力企画として、Zuishoji Art Project様のご協力のもと、白金台のZAPギャラリーBにて荘司美智子の展覧会を開催致しております。

 荘司美智子は、オブジェや絵画、インスタレーションなどさまざまな媒体で、街の景観や風景をモチーフに人間の認識や感覚に新たな視点を投げかける展示を発表して参りました。
この度、瑞聖寺内のスペース“ZAPギャラリーB”にて、球体を使用したインスタレーションと絵画を発表いたします。是非この機会に足をお運び頂けますよう御願い申し上げます。

newwork.jpg

©Michiko Shoji
Coopelation:Yumiko Chiba Associates
photo:Takashi Arai

■荘司美智子 個展  「LOCATION」
会期:2009年6月26日(金)−7月19日(日) 
Open :金・土・日 13:00-19:00
会場: Zuishoji Art Projects (ZAP) ZAPギャラリーB
〒108-0071 東京都港区白金台 3−2−5 付近
URL:http://www.zuisho-ji-arts.net
企画協力:水野慶子/ユミコチバアソシエイツ


■荘司 美智子プロフィール
 1972年横浜市生まれ、在住。街の環境や構造から受ける人々の無意識的な身体、知覚におよぼす影響に興味を持ち、立体、平面、写真、映像などを表現手段として、人と都市の関係性を追求する。
主な展覧会にダイムラー・クライスラー・ファウンデーション・イン・ジャパン主催「アート・スコープ2004」- Cityscape into Art 荘司美智子+ヨハネス・ヴォンザイファー(原美術館'05)、「ALLLOOKSAME? ArtChinaKoreaJapanArt」 (Fondazione Sandretto Re Rebaudengo /イタリア '06)などに出品。
posted by ユミチバ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

田中麻記子新作個展「kiwi & guava」のお知らせ

■田中麻記子の新作個展「kiwi & guava」をGALLERY at lammfrommにて開催致します 

 田中麻記子は昨年より油彩の発表を始め、繊細で華麗な鉛筆画から一転した、大胆な色彩で世界を展開した油彩画は、多くの人を魅了致しました。本年5月のhpgrp GALLERY東京での新作個展では、今まで背景に出て来た火や湖、渦などのモチーフは消え去り、流動する空気だけを色彩で捉えた、より抽象的な作品を発表いたしました。
 対照的に、GALLERY at lammfrommでの新作個展では「kiwi & guava」と題し、一つひとつの作品をフレッシュな果実のような、色彩溢れるポップで可愛らしい小さな絵画を発表いたします。
田中麻記子の楽しくキュートなもう一つの側面を触れて頂く機会となる事でしょう。

たいやきdreamkaru.jpg

「たいやきdream」
2009年
油彩、キャンバス
200×200×45mm
©Makiko Tanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates



■田中麻記子 新作個展「kiwi & guava」
会期:2009年6月19日(金)−7月24日(金)
(月〜金12:00-20:00、土11:00-20:00、日・祝11:00-19:00)
会場:GALLERY at lammfromm
ラムフロム・ザ・コンセプトストア
〒151-0064東京都渋谷区上原1-1-21 山口ビル1F 
TEL: 03-5454-0450
オープニングレセプション: 6月9日(金)18:00-
是非足をお運びの上ご参加頂けますようお願い申し上げます


【展覧会に関するお問い合わせ】
ワーカホリックス株式会社 富ヶ谷事業所
根本佳代[Nemoto, Kayo]
 tel.&fax : 03-3468-8161

【作家及びリリースに関するお問い合わせ】
ユミコ チバ アソシエイツ[Yumiko Chiba Associates]
水野 慶子[Mizuno, Keiko]
tel:03-5524-2451 fax:03-5524-2452
mail to:ycassociates@mui.biglobe.ne.jp
homepage:http://www.yassociates.co.jp
posted by ユミチバ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松琢麿 個展「軌跡の描く森で」

■植松琢麿 個展「軌跡の描く森で」の展覧会風景をご紹介いたします。
 
 植松琢麿は、動物の剥製、玩具、造花など異素材を組合せた造形作品や、写真やグラフィクスで構成された平面作品を用い、様々な空間でインスタレーション展示を行うことで、あらゆる生命が種の境界を越えて連鎖している様相、それらが未来へ向け新しい「命」を創造していく軌跡を表現しております。それは作家自身が描く理想の世界の姿であります。
 今展『軌跡の描く森で』では、過去作品に加えて、新作の大型オブジェや、作家のイメージの源泉を辿ることが出来るドローイング作品を発表いたします。是非この機会に植松琢麿の世界をご堪能頂きたく存じます。

2009ギャラリーM.jpg

Installation view:Gallery M
©Takuma Uematsu
Courtesy of Yumiko Chiba Associates


■植松琢麿 個展「軌跡の描く森で」
会期:2009年6月14日(日)-7月26日(日)
会場:ギャラリーM
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町根裏24-2
Tel: 0561-74-1705  Fax:0561-74-1603
URL: http://gallery-m.cool.ne.jp/
開場時間:11:00〜19:00
休廊:月/火曜日
協力:ユミコ チバ アソシエイツ
是非足をお運びの上ご参加頂けますようお願い申し上げます

■Artist Statement

軌跡の描く森で

自然は、ダイナミックに振動し回転する総体であり、そこに静止はない。
そして、どんな状況下でも生命は、有形無形の痕跡を残している。
仮に一匹の動物がいる。
呼吸により空気が振動し、生きることで意識が動き、
存在することで、対象との関係が生まれていく。
それらの軌跡を、有線的姿でとらえたとしたら、
これまで無縁に見えていたいくつかの現像が、
ふいに最も近しい関係を取り結ぶかもしれない。
思考もまた同じ。

2009年4月13日  植松琢麿
posted by ユミチバ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

鷹野 隆大 府中市美術館公開制作プログラム 「記録と記憶とあと何か」のご案内

takano01.jpg
“公開制作プログラム”は、府中市美術館が美術館とアーティスト、市民をつなぐ企画として開館当時より続けているプログラム。鷹野はこのプログラム初の写真作家として参加します。 
作家が府中の街を撮り下ろしたフィルムを公開制作室の一角に作った暗室で現像する様子がライヴでご覧いただけます。公開制作、ワークショップ、対談など、様々な切り口から写真の面白さ、奥深さに迫る2ヶ月です。
鷹野 隆大
シリーズ「毎日写真」より《’09/1/31》
© Ryudai Takano  
Courtesy of Yumiko Chiba Associates/ Zeit-Foto Salon

会期:5月23日(土)−7月20日(月) 
会場:府中市美術館 公開制作室 
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
TEL:03-5777-8600 ハローダイヤル
協力:早稲田大学芸術学校
府中市美術館HP:
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kokai/kokaiitiran/kokai_takanoryudai/index.html

公開制作スケジュール

5月23日(土曜日)、24日(日曜日) 内容は 「暗室作り」
5月28日(木曜日)、31日(日曜日)、6月3日(水曜日)、6日(土曜日)、14日(日曜日)、27日(土曜日)、7月3日(金曜日)  内容は「プリント作業」
7月5日(日曜日)、11日(土曜日) 内容は「展示作業」

関連企画「対談」


飯沢耕太郎(写真評論家・きのこ文学研究家)と鷹野隆大
• 日時 7月12日(日曜日)午後2時
• 場所 講座室
• 定員 先着60人
• 費用 無料
• 申込み 当日直接会場へ

藪野健(画家)と鷹野隆大
• 日時 7月20日(月曜日・祝日)午後2時
• 場所 講座室
• 定員 先着60人
• 費用 無料
• 申込み 当日直接会場へ

アーティストトーク
• 日時 7月19日(日曜日)午後2時
• 場所 講座室
• 定員 先着60人
• 費用 無料
• 申込み 当日直接会場へ


関連ワークショップ「府中の街を撮影しよう」

鷹野隆大と府中の街を探索し、撮影します。2日目には、プリントした
写真を持ち寄り、講評します。デジタルプリントの実演も行います。
日時:6月20日(土)・28日(日)13:00- 17:00 ※2回連続
対象:高校生以上 定員:20名
参加費:無料(カメラ持参。交通費と現像・プリント代は自己負担)
※ 6月20日(土)が雨天の場合は翌21日(日)に撮影会を順延。
応募方法:6月4日(木) まで(当日消印有効)に、往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を記入し、当館「写真」係まで。
応募者多数の場合は抽選。
技術出力協力:有限会社アクティブアーツ  協賛:株式会社 エス・ワイ・シー
posted by ユミチバ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納 裕一  ― 花と蛍光灯、レース、チェーン、ラインストーン、格子、鏡とリボン、ウォールペーパー、ストライプとドリッピング、モアレ  ―

東恩納裕一の日本橋島屋6階美術画廊Xでの個展は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

galleryx_1(1).jpg


installation view:  日本橋島屋6階美術画廊X 2009
©Yuichi Higashionna
Courtesy: Yumiko Chiba Associates


6月10日より、新宿島屋10階美術画廊にて趣を新たにし、展示を行います。

■東恩納 裕一
 ― 花と蛍光灯、レース、チェーン、ラインストーン、格子、鏡とリボン、ウォールペーパー、ストライプとドリッピング、モアレ  ―


会期:2009年6月10日(水)−6月22日(月)
10:00-20:00(土曜日を除く)/ 10:00-20: 30(土曜日)/最終日は午後4時閉会
会場:新宿島屋10階美術画廊  東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  
Tel: 03-5361-1111(代表)
協力:ユミコ チバ アソシエイツ / エディション・ワークス




posted by ユミチバ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カン・アイラン個展 「鏡―ユートピアとヘテロトピアの間」

カン・アイラン個展 「鏡―ユートピアとヘテロトピアの間」の展覧会風景をご紹介いたします。


■カン・アイラン個展 「鏡―ユートピアとヘテロトピアの間」

sublime.jpg 鏡の部屋.jpg

Installation view: eN arts
©Airan Kang
Photo: Takashima Kiyotoshi
Courtesy: Yumiko Chiba Associates

会期:現在会期中−5月31日(日) 
Open :金・土・日 12:00-18:00  
*上記以外に関しましてはアポイントメントを承ります。
会場:eN arts
〒605-0073 京都市東山区祇園北側627円山公園内八坂神社北側
TEL:075-525-2355
Mail:info@en-arts.com
URL: http://www.en-arts.com/
posted by ユミチバ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大 個展 「おれと」

鷹野隆大の新作による個展「おれと」の展覧会風景をご紹介いたします。

鷹野隆大 個展 「おれと」

oreto改訂.JPG oreto2改訂.JPG
I
natallation view: NADiff a/p/a/r/t
©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon


会期:現在会期中−6月9日(火) 12:00-20:00/無休
会場:NADiff a/p/a/r/t
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F
Tel:03-3446-4977 Fax : 03-3446-4978
協力:ユミコ チバ アソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン
posted by ユミチバ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大アーティストブック『ぱらぱら』刊行のご案内

 2006年度木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野が映像作品『電動ぱらぱら』制作の際に撮影した原画を収録したアーティストブック『ぱらぱら』。パラパラ漫画として変化していくイメージをお楽しみいただけるのと同時に、写真集としてもご覧いただくことのできる作りとなっています。
今回はモデルが服を脱いでいく様子を撮影した『ぱらぱら まりあ/としひさ』、ソフトクリームを食べる様子と歯磨きをする様子を撮影した『ぱらぱら ソフトクリーム/歯磨き』の2種を Akio Nagasawa Publishingより、各限定1000部発売。内、エディション1〜60までをオリジナルプリント付き(ed.1/1、サイン入り)の特装版として、ナディフにて開催中の個展「おれと」期間中、特別価格にて販売いたします。アーティストブック『ぱらぱら』は今後シリーズ化していく予定です。今後ともご高覧くださいますようお願い申し上げます。


■鷹野隆大Artist Book


まりあ/としひさcover beta_out-M.jpg


『ぱらぱら まりあ/としひさ』   1,890円(税込)
*限定1000部ナンバー入り
ソフトクリーム/歯磨き_beta_out-1_M.jpg


『ぱらぱら ソフトクリーム/歯磨き』   1,575円(税込)
*限定1000部ナンバー入り



<特装版>各60部 オリジナルプリント付き
*オリジナルプリントはそれぞれの本の中のイメージをもとにしたもの。ed.1/1、サイン入り。
「おれと」(〜2009年6月9日まで)展覧会期中特別価格  18,900円(税込)
著者:鷹野 隆大
企画:Akio Nagasawa Publishing/ユミコ チバ アソシエイツ
デザイン:中島 浩
発行日:2009年4月28日
発行者:長澤 章生
発行所:Akio Nagasawa Publishing
印刷・製本:株式会社シナノ パブリッシング プレス



■鷹野隆大 個展 <おれと>
会期:現在会期中−6月9日(火) 12:00-20:00/無休
会場:NADiff a/p/a/r/t
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F
Tel:03-3446-4977 Fax : 03-3446-4978
協力:ユミコ チバ アソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン

posted by ユミチバ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<タカシマヤ 制作 田中麻記子ゆかた>

ゆかた画像 最適化.jpg
「2009タカシマヤゆかたコレクション」として、田中麻記子鉛筆画作品をモチーフにした、オリジナルのゆかたと帯を発売致します。
鉛筆画の流れるような線と自由に広がるモチーフがプリントされ、田中麻記子のファンタジックな世界観が表現されております。

タカシマヤオリジナル
コンテンポラリーアートゆかた(女物) (綿100%) 45,150円
帯(ポリエステル100%) 21,000円


海月の構造-最適化.jpg
※日本橋店・新宿店・横浜店・大阪店・京都店・ジェイアール名古屋タカシマヤにてお取り扱いしております
※販売期間:4月22日(水)〜8月31日(月) 
各店舗によってお取扱い期間が異なりますのでご了承下さい。

商品のご紹介、詳細はタカシマヤホームページよりご覧くださいませ。
URL:http://www.takashimaya.co.jp/store/special/yukata/index.html


モチーフ作品
田中 麻記子
“海月の構造(夜空)”
2007
鉛筆,シャープペンシル,水彩,ワトソン紙/109.0×79.5 cm
高橋コレクション 所蔵
©Makiko Tanaka
Courtesy: Yumiko Chiba Associates

アーティストに関するお問合せ:Yumiko Chiba Associates
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
Tel: 03-5524-2451/Fax: 03-5524-2452
mail: ycassociates@mui.biglobe.ne.jp
URL: http://www.ycassociates.co.jp/


posted by ユミチバ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

田中麻記子 新作個展「ROSE TUNING」のご案内

田中麻記子の新作個展『ROSE TUNING』をhpgrp GALLERY東京にて開催致します。

今回の新作では、昨年のシリーズで中心的に描かれていた「渦」や「火山」といったモチーフは姿を消しています。空気や光の色とともに各々の動きを捉え、それは同時に作家自身の内面の変化を窺わせるものであります。

また、個展「ROSE TUNING」同時開催として、ユミコ チバ アソシエイツ ビューイングルーム銀座では田中麻記子がビューイングルーム内に壁画を制作、発表致します。
あわせて足をお運び頂けますようお願い致します。

アーティスト・コメント
いろいろなやり方での空気の調律、
いろいろなリズムは固体と液体、
空気の軌跡が二次元の彫刻、
に、なりますように。。
田中 麻記子


■田中麻記子 個展「ROSE TUNING」
展覧会会期:2009年5月8日(金)−5月31日(日) 
時間:11:00-20:00 /休廊:月曜日
会場:hpgrp GALLERY東京
〒150-0013東京都渋谷区神宮前5-1-15CHビルB1F
Tel:03-3797-1507  
URL: http://www.artdiv-hpf.com/tokyo/
オープニングレセプション: 5月8日(金)19:00-21:00

【同時開催】田中麻記子 新作展示  ユミコチバアソシエイツ ビューイングルーム銀座
会期:2009年4月30日(木)-6月5日(金) 
月〜金13:00-19:00 /土(要予約)/定休:日祝
会場:ユミコ チバ アソシエイツ ビューイングルーム銀座 
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9栄楽ビル3F 
TEL: 03-5524-2451

ROSEDANCE_2.jpg

田中 麻記子
「ROSE DANCE」
2009
油彩、キャンバス
72.7×60.6 cm
©Makiko Tanaka
Courtesy of  Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納 裕一  ― 花と蛍光灯、レース、チェーン、ラインストーン、格子、鏡とリボン、ウォールペーパー、ストライプとドリッピング、モアレ ―

この度東恩納裕一の個展を日本橋島屋6階美術画廊X、新宿島屋10階美術画廊にて開催いたします。
本展は「日常のありふれたものに対して作家が感じるズレの感覚を大きなモチベーションとしている」という東恩納裕一が、二つの会場で趣の異なるインスタレーションとして表現いたします。

展覧会タイトル:
東恩納 裕一
 ― 花と蛍光灯、レース、チェーン、ラインストーン、格子、鏡とリボン、ウォールペーパー、ストライプとドリッピング、モアレ ―

日本橋展
会期:2009年5月6日(水)−5月25日(月) 10:00-20:00
会場:日本橋島屋6階美術画廊X  東京都中央区日本橋2−4−1  

新宿展
会期:2009年6月10日(水)−6月22日(月)
10:00-20:00(土曜日を除く)/ 10:00-20: 30(土曜日)/最終日は午後4時閉会
会場:新宿島屋10階美術画廊  東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  
Tel: 03-5361-1111(代表)

協力:ユミコ チバ アソシエイツ / エディション・ワークス

■ステートメント;
私の作品は、日常のありふれたものに対して、私が感じるズレの感覚を大きなモチベーションとしています。
例えば、サークル型蛍光灯*1を多用した“シャンデリア”シリーズ(2001年〜)は、蛍光灯の王国・日本*2に対するメッセージとして、蛍光灯のモンスター!を 妄想したものであり、花の絵は、造花・チェーンをモチーフに、17世紀オランダで流行したヴァニタス*3、ストリートのグラフィティから表現のヒントを得たものです。
制作・展示を通して、現在、私が行っていること、それは、私の抱えるどちらかと言えばネガティブな感情(違和感や不気味さ、妄想)を、ユーモア、痛快・セクシーさ、強度などポジティブなベクトルに変換しようとするものです。

*1 戦後、日本の家庭に広く普及したサークル型ランプの存在に、日本人の蛍光灯好きが象徴されている。
*2 私たちは、何時からこんなに明るい照明を求めるようになったのか?
谷崎潤一郎の『陰影礼讃』(1933 年/昭和8 年)に、当時の東京・大阪はすでに、ヨーロッパの大都市と比較しても格段に明るく照明されていたとあり興味深い(ただし、当時は、蛍光灯ではなく白熱灯)。
*3 ゴージャンスな花々.装身具・昆虫などをモチーフにした隠喩に満ちた静物画。Vanitusは英語のvanityの語源ともなったラテン語で虚栄の意味。


今後の展覧会情報*****************
個展
2009年3月7日(土)〜5月10日(日)
「インシデンタル・アフェアーズ   うつろいゆく日常性の美学」
サントリーミュージアム[天保山] (大阪)
2009年3月10日(火) 〜 3月21日(土)
「CALM & PUNK PERSPECTIVE 2009 SPRING」 CALM & PUNK GALLERY(東京)

gm1812(1).jpg

Installation view : Gallery M 2008

ⓒYuichi Higashionna
Courtesy: Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鏡―ユートピアとヘテロピアの間

カン・アイランが個展「鏡―ユートピアとヘテロピアの間」を円山公園にあります、eN artsにて開催します。
カン・アイランは、1999年より「光る本(Lighting Book)」を制作、2000年からこれを用いた空間インスタレーションを「Digital Book Project」として発表してきました。今回はeN artsにデジタル時代においてその意味を変えつつある“本”の存在性そしてそこから放たれる光を世界へ向ける希望として表現します。また、オープニングレセプションを5月2日(土)18:00より開催いたします。 展覧会初日ではございませんのでご注意ください。
  
カン・アイラン個展 「鏡―ユートピアとヘテロピアの間」
会期:2009年5月1日(金)−5月31日(日) 
Open :金・土・日 12:00-18:00  
*右記以外に関しましてはアポイントメントを承ります。
会場:eN arts
〒605-0073 京都市東山区祇園北側627円山公園内八坂神社北側
TEL:075-525-2355  
Mail:info@en-arts.com
URL: http://www.en-arts.com/

*オープニングレセプション  5月2日(土)18:00−20:00
    展覧会初日ではございませんのでご注意ください。

■鏡―ユートピアとヘテロピアの間
「本はただの物ではなく、ひとつの空間であり、時間である。また、その深さ、広さと厚みを盛り込んだ、デジタル概念をはらむ空間である。本の中には、多くの人たちの生と、物語が濃縮されており、したがって、その中で生を読み、知識を得るのである」

私は、上記したような様々な意味内容を、光によって具現化したいと考えた。

2009年3月 姜 愛蘭

K_the sublime,2009-2.jpg

< Space of Text in Tate Modern >
2009
©Airan Kang
Courtesy: Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

鷹野隆大 個展 <おれと>

鷹野隆大の新作による個展をナディッフにて行います。
今回は<おれと>と題し、鷹野が肌の色合わせのためにモデルと一緒に裸になって撮影した写真を展示します。個展に合わせ「ぱらぱら」シリーズの写真集を発売するほか、美術史家山下裕二氏をお招きしてトークショーを開催します。
 
鷹野隆大 個展 <おれと>
会期:2009年4月28日(火)−6月9日(火) 12:00-20:00/無休
会場:NADiff a/p/a/r/t
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F
Tel:03-3446-4977 Fax : 03-3446-4978
協力:ユミコ チバ アソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン

トークイベント 山下裕二×鷹野隆大 「不況バンザイ、アート撲滅!」
日時:4月29日(水)18:00〜20:00(受付:17:30〜)
会場:NADiff a/p/a/r/t

■ステートメント
 そもそもは色合わせのつもりだった。肌の色は皆ちがう。黄色味がかった白い肌や焦げ茶色の浅黒い肌、微熱を帯びたような赤紫色の肌など、さまざまだ。撮影の最後に一緒に写ることで、僕の肌を基準に一人ひとりの違いをきちんと再現できるのではと考えた。黒人や白人のなかに置けば微細な違いにすぎないこれらの差異にこだわりたかった。外国暮らしの経験もないのにこんなことを言うのは妙だけれど、「日本に暮らす」ということは、そういうことなのかもしれない。こうして些末な事にこだわるうちに全体を見失ってしまうというのも、日本人がよく辿る道である。僕の場合、こだわるくせに色が厳密なポジフィルムを使わずにネガフィルムで撮ってしまったり、カラーチャートを用意していなかったりと、幸いにして?抜けぬけである。結果としてどこまでちゃんと再現できたか不安だが、こうして二人で並んだ写真を見ると「人それぞれだなあ」とつくづく感じての恥ずかしい写真のお蔵出しである。

with AA(部分)中.jpg
2009年3月 鷹野隆大
キャプション
シリーズ「おれと」より<with AA>(部分)
2008
type-C print

©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon

posted by ユミチバ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮村周子 x 鷹野隆大「アートメディアでサバイバル?!

@ギャラリータグボートプロデュース
第5回「タカの部屋」
宮村周子 x 鷹野隆大「アートメディアでサバイバル?!」

阿蘇中.jpg

「阿蘇/日本」
1988年

©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon


写真家・鷹野隆大がアート界を中心に様々なジャンルで活躍する著名人をお招きし、毎回異なる切り口でアートについて語り合う連載シリーズ。
第5回目となる今回は「美術手帖」編集者を経てアートライターとして活躍した後、最近あらたに若い才能の発掘と発信を試みる活動を開始した宮村さんに、アート業界でサバイブする秘策を尋ねます。

日時:2009年4月12日(日)18:00〜19:30(受付/17:30〜)
料金:500円  定員:30名(要予約・座席指定なし)
場所:BOOK246店内(東京都港区南青山1丁2-6 Lattice青山)
ご予約:タグボートサイトからお申し込みをお願いいたします。
http://www.tagboat.com/event/index.htm
お問い合わせ:0120-39-8618(タグボートカスタマーセンター)
企画協力:Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon

出演者プロフィール

宮村周子
編集者。『美術手帖』誌編集を経て、フリーランスの編集者&ライターとして活動。奈良美智氏の作品集など、アートブックの編集およびライティングを担当するほか、アート誌やカルチャー誌に寄稿。2008年、クリエイティヴ・ユニット「来来/LaiRai」を結成し、さらに幅広くアートの編集・企画を展開中。

鷹野隆大
写真家。 1994年より作品を発表。2006年 写真集『IN MY ROOM』(2005年 蒼穹舎)にて第31回木村伊兵衛写真賞受賞。セクシュアリティをテーマにした作品に加え、最近は都市にも興味を向けている。今後の予定として個展  3月26日(木)−4月7日(火) 「花々し」 (新宿島屋10階美術画廊)、4月15日(水)−5月4日(月) 「アーリーモノクローム」 、日本橋島屋6階美術画廊X)他。


posted by ユミチバ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

101Tokyo Contemporary Art Fair2009

『101Tokyo Contemporary Art Fair2009』のご案内
Yumiko Chiba Associatesは「101Tokyo Contemporary Art Fair2009」に参加致します。
本年は、秋葉原駅前複合施設「UDXビル アキバ・スクエア」に会場を移し、より開放的で大規模な空間にて開催されます。
弊社ブースでは、東恩納裕一によるインスタレーションをご覧頂くと共に、東恩納裕一、柴田敏雄、鷹野隆大、田中麻記子、植松琢麿、Airan Kangの作品を出品致します。
是非足をお運び頂きご高覧賜りますようお願い申し上げます。

『101Tokyo Contemporary Art Fair2009』
会場:2009年4月2日(木)-5日(日)
時間:2・3日/11:00-20:00  
4日/10:00-19:00  
5日/10:00-17:00
会場:秋葉原UDXビル アキバ・スクエア
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
交通:○JR秋葉原駅電気街口より徒歩2分
○東京メトロ銀座線末広町駅1・3番出口より徒歩3分
○東京メトロ日比谷線秋葉原駅2・3番出口より徒歩4分
○つくばエクスプレス秋葉原駅A1出口より徒歩3分
入場料:1000円
http://www.101tokyo.com/jp/index.html
Yumiko Chiba Associatesブース:「21」
*弊社出展所属ARTIST*
植松 琢麿
カン・アイラン
柴田 敏雄
鷹野 隆大
田中 麻記子
東恩納 裕一

『101Tokyo Contemporary Art Fair2009』
Yumiko Chiba Associates is pleased to welcome “101 Tokyo Contemporary Art Fair2009” on April at AKIBA _SQUARE UDX Bldg, Tokyo. We are looking forward to meeting you at our booth No.21 in “101Tokyo Contemporary Art Fair2009”.

『101 Tokyo Contemporary Art Fair 2009』
Dates: April 2nd(Thu) - 5th(Sun), 2009
Time: 2 April (Thursday) 11:00 - 20:00
  3 April (Friday) 11:00 - 20:00
4 April (Saturday) 10:00 - 19:00
5 April (Sunday) 10:00 - 17:00
Venue: AKIBA_SQUARE UDX Bldg
4-14-1 Sotokanda Chiyoda-ku Tokyo 101-0021
Access: http://www.101tokyo.com/en/fair/index.html
General Admission: ¥1,000.-
Yumiko Chiba Associates: Booth No.21

***ARTIST****
Yuichi Higashionna
Airan Kang
Toshio Shibata
Ryudai Takano
Makiko Tanaka
Takuma Uematsu

YH_ch4(RGB).jpg
■Yuichi Higashionna
“untitled(chandelier-W)”
2004
©Yuichi Higashionna
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

RT_inmyroom(RGB).jpg
■Ryudai Takano
“長い髪がピンクの服にかかっている”/ “Long hair nesting on a pink cloth”
2002
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy of Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon

ToshioShibata.jpg
■Toshio Shibata
高知県 大川村
2007
©Toshio Shibata
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

tanakapool.jpg
■Makiko Tanaka
“POOL(氷河期)”
2008, Oil on canvas
90.0×116.7cm
©Makiko Tanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

鷹野隆大 個展

この度鷹野隆大の個展を新宿島屋10階美術画廊、日本橋島屋6階美術画廊Xにて開催いたします。
新宿島屋10階美術画廊においては、作家が98年より1日も欠かさず撮り続けている日常風景のシリーズ「毎日写真」から花の写真を展示いたします。一方、日本橋島屋6階美術画廊Xでは趣を変え、初期に制作されたモノクロームのシリーズ「カ・ラ・マ・ル」、「Human Body1/1」より構成して展示いたします。この両企画にて作家の日常であり現在進行形である作品と、制作の原点ともいえる初期作品をご覧いただくことで、木村伊兵衛賞を受賞した「IN MY ROOM」シリーズとは別の側面を感じていただけることでしょう。

■新宿展:鷹野隆大 「花々し」
会期:2009年3月26日(木)−4月7日(火)
10:00-20:00(土曜日を除く)/ 10:00-20: 30(土曜日)/最終日は午後4時閉会
会場:新宿島屋10階美術画廊  東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  Tel: 03-5361-1111(代表)

■日本橋展:鷹野隆大 「アーリーモノクローム」
会期:2009年4月15日(水)−5月4日(月)  10:00-20:00
会場:日本橋島屋6階美術画廊X  東京都中央区日本橋2−4−1  Tel: 03-3211-4111

協賛:特種製紙株式会社/株式会社PCM竹尾
技術・出力協賛:有限会社アクティブアーツ
協力:ユミコチバアソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン

*新宿展は鷹野隆大初のインクジェットプリントによる個展となります。この初の試みに際し、特殊製紙株式会社、株式会社PCM竹尾より出力紙をご提供いただきました。また有限会社アクティブアーツからは技術・出力をご提供いただきました。

02.06.14s.jpg
シリーズ「毎日写真」より <'02/06/14>
©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon

41.jpg
シリーズ「カ・ラ・マ・ル」より<#30>
©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/Zeit-Foto Salon

posted by ユミチバ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」

第5回 太宰府天満宮アートプログラム 
高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」
のインスタレーションビューをご紹介します。

第5回 太宰府天満宮アートプログラム 
高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」
会期:2009年2月15日(日)〜3月15日(日)
会場: 太宰府天満宮 (宝物殿) 
〒818-0195 福岡県太宰府市宰府4-7-1
TEL: 092-922-8225
URL:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/
開館時間:9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日
入館料:一般300円(200円)高・大生200円(100円)小・中生100円(50円)*( )内は30人以上の団体料金
協賛:CREAIVE PRINT STUDIOアクティブアーツ
協力:株式会社大和プレス/ユミコチバアソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン

02s.jpg

04s.jpg

07s.jpg

posted by ユミチバ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納裕一が「インシデンタル・アフェアーズ」展に参加します。

グループ展「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」

会期:2009年3月7日(土)〜5月10日(日)
開館時間:10:30〜19:30(最終入場は19:00)
休館日:毎週月曜日(但し、3月30日、4月6日、4月27日、
5月4日は開催)
会場:サントリーミュージアム[天保山] 
〒552-0022 大阪市港区海岸通1-5-10
TEL:06-6577-0001
URL:http://suntory.jp/SMT/

ch07.jpg
"untitled( chandelier VII)"
2005
(c)Yuichi Higashionna
Courtesy:Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

『Jiro Takamatsu: All Drawings』刊行

『Jiro Takamatsu: All Drawings』刊行
高松次郎が生涯に遺した約4,000点のドローイングをフルカラーで掲載、「影」「複合体」などのシリーズを支えた、綿密な手作業の美しさとともに、高松次郎の本質に迫る手がかりを伝える一冊です。
没後10年を経て、生前の高松次郎を知る研究者のテキストとともに、その創作活動の知られざる一面をぜひご覧下さい。
AllDrawings表紙.jpg
『Jiro Takamatsu: All Drawings』
発行:大和プレス/発売:ユミコ チバ アソシエイツ
価格:18,900円(税込)
テキスト:浅倉祐一朗 【(財)三鷹市芸術文化振興財団 三鷹市美術ギャラリー 副館長】
神山亮子 【府中市美術館 学芸員】
神田直子 【新潟市美術館 学芸員】
真武真喜子 【国際芸術センター青森 学芸員】
アートディレクション&デザイン:中島英樹
編集:ユミコ チバ アソシエイツ

お問い合わせ:ユミコ チバ アソシエイツ
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3階
TEL: 03-5524-2451 FAX: 03-5524-2452  
URL: HYPERLINK "http://www.ycassociates.co.jp/" http://www.ycassociates.co.jp/

<同時開催>
『コレクション展3 高松次郎コレクションin Hiroshima』
10M.jpg
会期:2009年2月14日(土)-5月24日(日)
会場:広島市現代美術館
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
TEL.082-264-1121
URL:http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/index.html
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
特別協力:大和プレス
協力:高松靖子/ユミコチバアソシエイツ



posted by ユミチバ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中麻記子 第12回 岡本太郎現代芸術賞

田中麻記子 第12回岡本太郎現代芸術賞 入賞
岡本太郎の精神を継承し、旧来の慣習や規範にとらわれず、自由な視点と発想で創作活動を行う作家による、優れた作品のために創設された岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)に、田中麻記子が入賞いたしました。受賞作品を「「第12回 岡本太郎現代芸術賞」展」にて展示いたします。

「第12回 岡本太郎現代芸術賞」展
会期:2009年2月7日(土)-4月5日(日)
会場:川崎市岡本太郎美術館
川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898 
URL: http://www.taromuseum.jp/index.htm
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、 2月12日(木)
入館料:一般600(480)円/高大学生・65歳以上400(320)円/
小中学生以下 無料※( )内20名以上団体料金

tanakapool.jpg
posted by ユミチバ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松 琢麿 「アーツ・チャレンジ2009」

美術、舞踏など各分野の新進アーティストが世界へ羽ばたくアーティストの輩出を支援する公募展「アーツ・チャレンジ2009」に植松琢麿が選ばれました。会期中、会場にて作品を展示発表いたします。
「アーツ・チャレンジ2009」
会期:2009年2月17日(火)-3月1日(日)
会場:愛知芸術文化センター
※植松琢麿は、B1F/南玄関上部踊り場にて展示致します。
URL:http://arts-challenge.com
住所:愛知県名古屋市東区東桜一丁目13番2号 
問合せ:新進アーティストの発見inあいち実行委員会
TEL:052-954-6183(ダイヤルイン)

takumauematsu.jpg
posted by ユミチバ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松琢麿、田中麻記子

島屋上品會 呉服制作販売***************

島屋が主催する呉服作品展『上品會』にて、本年度島屋美術部創設百年の記念作品として、植松琢麿、田中麻記子作品をモチーフとしてデザインした帯と着物を制作されました。『第五十七回 上品會』会場にて発表販売致します。

島屋 『第五十七回 上品會』
2月〜6月末まで島屋各店(東京店、横浜店、新宿店、大阪店、京都店、JR名古屋)
にて巡回開催されます。
*詳細は弊社までお問合せ下さいませ。

高島帯.jpg
上品會 出品帯 
千總 制作
染なごや帯 「花に埋もれて」  
植松琢麿作品 「ceremony-gazelle」
をモチーフとしてデザイン、制作。

田中麻記子.jpg
上品會 出品着物 
千總 制作
訪問着  イメージの扉
田中麻記子作品 「わたしではない」
をモチーフとしてデザイン、制作。

posted by ユミチバ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」

第5回 太宰府天満宮アートプログラム 高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」
今回で第5回目となる 太宰府天満宮アートプログラム は、太宰府天満宮が日本から新たな文化を世界へ提示し
発信する試みとして始めたプログラムであり、今回は鷹野隆大が本プログラムに参加いたします。
展覧会では、高松次郎唯一の写真作品 <写真の写真>と、鷹野隆大が太宰府天満宮にて高松の作品を設置し撮影した写真が展示されます。

第5回 太宰府天満宮アートプログラム 
高松次郎|鷹野隆大「“写真の写真”と写真」
会期:2009年2月15日(日)〜3月15日(日)
会場: 太宰府天満宮 (宝物殿) 
〒818-0195 福岡県太宰府市宰府4-7-1
TEL: 092-922-8225
URL:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/
開館時間:9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日
入館料:一般300円(200円)高・大生200円(100円)小・中生100円(50円)*( )内は30人以上の団体料金
協賛:CREAIVE PRINT STUDIOアクティブアーツ
協力:株式会社大和プレス/ユミコチバアソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン

M.jpg
“太宰府の高松次郎”
2008
ゼラチン・シルバー・プリント
c鷹野隆大/Ryudai Takano
Dazaifu Tenmangu Collection
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / Zeit-Foto Salon

3.jpg
“写真の写真”
1973-91
ゼラチン・シルバー・プリント
Production cooperation Hiromi Watanabe
cYasuko Takamatsu
Daiwa Press Collection
Courtesy: Yumiko Chiba Associates


posted by ユミチバ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クループ展“Constructivismes” 東恩納裕一

東恩納裕一がベルギーのアルミン・レッシュ ギャラリーにて
クループ展“Constructivismes”に参加しています。

<Group Exhibition>
“Constructivismes”
Period:23 January-27 February.2009
Venue: Almine Rech Gallery
Address: 14 rue de Praetere 1050 Brussels Belgium
URL:http://www.galeriealminerech.com/
TEL:+32 2 648 56 84


Yuichi Higashionna
“untitled(black chandelier ㈼)”

BC.JPG
cYuichi Higashionna
Courtesy: Yumiko Chiba Associates /MARIANNE BOESKY GALLERY
posted by ユミチバ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

会田誠×鷹野隆大 「日本近代美術のご機嫌」

鷹野隆大********************
@Gallery TAGBOAT プロデュース シリーズトークイベント 「タカの部屋」 
第4回 会田誠×鷹野隆大 「日本近代美術のご機嫌」

写真家・鷹野隆大がアート界を中心に様々なジャンルで活躍する著名人をお招きし、毎回異なる切り口でアートについて語り合う連載シリーズ。第4回目となる今回は、現代美術家である会田誠氏をお招きし日本の近代美術について論じて頂きます。

日時/2009年1月24日(土)17:00〜18:30(受付/16:30)
場所/Cafe246 (BOOK246隣)
東京都港区南青山1丁目2-6 Lattice青山1階
料金/1000円
定員/50名
ご予約/ http://www.tagboat.com/
タグボートサイトからお申込みをお願いいたします。  お問い合わせ0120-39-8618 (タグボートカスタマーセンター)
企画協力/Yumiko Chiba Associates / Zeit-Foto Salon

東京_日本_2008.jpg

東京/日本(2008年)
©鷹野隆大/Ryudai, Takano
Courtesy: Yumiko Chiba Associates /ZEIT-FOTO SALON

posted by ユミチバ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

*GOODSページを更新しました。

弊社所属作家、関連作家の作品集を更新いたしました。

・東恩納裕一アーティストブック
『GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA』 
ガスアズインターフェイス株式会社発行
2008年
本体:3,500円+税

・鷹野隆大 シリーズ《ca.ra.ma.ru》所収作品集
「鷹野隆大1993-1996」 
蒼穹舎発行
2006年
本体:3,800-円+税
*限定700部

・高松次郎「写真の写真」作品集
「PHOTOGRAPH:JIRO TAKAMATSU」
株式会社大和プレス発行
赤々舎発売
2008年発行
本体:2800円+税

http://www.ycassociates.co.jp/
詳細は、TOP→GOODSページよりご覧下さい。
posted by ユミチバ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

柴田敏雄

国際的に活躍している写真作家の柴田敏雄氏が、このたび弊社所属となりました。
宜しく御願い申し上げます。

http://www.ycassociates.co.jp/artist/shibata/

--------------------------------------------------
ランドスケープ 柴田敏雄展

■会 期:2008年12月13日(土)→2009年2月8日(日)
※12月29日(月)〜1月1日(木)は年末年始休館
■休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
■会 場:2階展示室
■料 金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円
※( )は20名以上の団体および東京都写真美術館友の会会員、上記カード会員割引料金
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
http://www.syabi.com/details/shibata.html


posted by ユミチバ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ ビークル

ザ ビークル *****************
「 横浜アート&ホームコレクション 」
住宅展示場で行われるアートフェア、「 横浜アート&ホームコレクション 」。
大和ハウス プロジェクトホーム2「Nobody's Home」にて行われる、特別展示にザ ビークルが参加します。

横浜市西区みなとみらい3-3
Tel:045-223-1600
Fax:045-223-1659
料金:1000円 ( 中学生以下無料 )
http://www.yaf.or.jp/yahc/
*レセプションパーティー:11月28日(金) 19:00-21:00 ( 18:30から受付 )
会場:横浜美術館 カフェ小倉山

VATW2000_2.jpg
“V-around the water”1999-2000
(c)The Vehicle
Courtesy:Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納 裕一 コム デ ギャルソン 青山店

コム デ ギャルソン 青山店のクリスマスのディスプレイに東恩納裕一が参加。
期間:2008年11月22日(土)-12月25日(木)

CdG4(1).JPG
展示風景:コム デ ギャルソン 青山店
(c) Yuichi Higashionna
Courtesy:
Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。