2008年11月22日

鷹野隆大個展“ゆらぎ”クロージングパーティについてご案内

鷹野隆大の個展、「ゆらぎ」の最終日の翌日、11月27日(木)19:00より、クロージングパーティを作家来廊のもと、開催することになりました。ご関係者の皆様に是非ご参加いただきたく、ご案内を申し上げます。
個展「ゆらぎ」は「時間」をテーマに、作家の初めての試みである、映像インスタレーションのみの個展です。まだお越しいただけていない方や、来場された方で作家とお話したいとお思いの方、是非この機会に足をお運びいただければと思います。
大変申し訳ございませんが、この日、会場は日中閉館いたしております。クロージングパーティの時間帯のみの開館となります。ご注意くださいませ。
ご来場をお待ちしております。


鷹野隆大個展“ゆらぎ”クロージングパーティ

日時:2008年11月27日(木)
時間:19:00-21:00
※この日、日中は閉館いたしておりますのでご注意下さい。
会場 :CALM & PUNK GALLERY
(カームアンドパンクギャラリー)
    〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741

個展“ゆらぎ”
会期 : 2008年11月7日(金)- 11月26日(水)
時間 : 11:00 - 19:00
入場 : 無料
会場 :CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
    〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741
URL : http://www.calmandpunk.com/
共催 : ユミコチバアソシエイツ
協力 : ツァイト・フォト・サロン

1_2.jpg
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / ZEIT-FOTO SALON


posted by ユミチバ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

関山晃治 新作展示 ユミコチバアソシエイツ/銀座のご案内

「違和感」を感じた風景をカメラに写し、光や空気感まで忠実に描き“一瞬の風景”を現前させる関山晃治が、今秋の個展「人光〜Human lights」で発表した新作を弊社ビューイングルームにて展示いたします。また、新年より展示替えを行います。
ぜひこの機会にご高覧頂けますようお願い申し上げます。

第一期展示:2008年11月26日(水)-12月26日(金)
第二期展示:2009年1月13日(火)-1月30日(金)
【年末年始休業】2008年12月27日(土)-2009年1月5日(月)

ユミコチバアソシエイツ ビューイングルーム/銀座
OPEN:火〜金 13:00-19:00 土/予約
CLOSED:月・日・祝祭日
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3階
TEL:03-5524-2451 FAX:03-5524-2452

秋葉原.jpg
画像クレジット
関山 晃治
“秋葉原X”
 2008
 油彩、キャンバス
 1455×970mm
©Koji Sekiyama
Courtesy of Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

「ダブル クロノス」

多摩美術大学 美術学部 芸術学科 長谷川祐子ゼミが開催する「ダブル クロノス」展。
古いお寺の一角にある、ガラス張りの展示スペースにて東恩納裕一は大巻伸嗣作品と共にインスタレーションを行います。

会期 2008年11月15日(土)〜24日(月)  11:00-19:00
アーティストトーク:11月15日(土)17:00-
オープニングパティ:11月15日(土)18:00-
会場 Zuishoji Art Projects (ZAP)  〒108-0071 東京都港区白金台 3-2-19 瑞聖寺内
観覧料 無料
出展作家  大西麻貴+百田有希 / 高木正勝 / 水木塁 / 大巻伸嗣 / 東恩納裕一
URL http://www.cpue.info/
協力 Zuishoji Art Projects (ZAP)
後援 瑞聖寺

gm1812(1).jpg
クレジット
ギャラリーM(愛知)展示風景
(C)Yuichi Higashionna
Courtesy of Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大がパリフォトに参加します。

“パリフォト2008”
2008年11月13日−16日
カルーセル・ドゥ・ルーヴル(パリ、フランス)
http://www.parisphoto.fr/
日本特集
「プロジェクションルーム」 日本の写真家が制作した映像作品の特集上映 
ゲストキュレーター:竹内万里子(写真評論家)
「一般部門」 ツァイト・フォト・サロンより出品

In.jpg
クレジット:
From the series of <In My Room>
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大がテグフォトビエンナーレに出品中。

“大邱フォトビエンナーレ2008”
2008年10月30日-11月16日
EXCO  Daegu Exhibition & Convention Center (大邱、韓国) 
http://www.daeguphoto.com
posted by ユミチバ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サッカーはアートを救えるか」

@ギャラリータグボート企画「タカの部屋」公開トーク
第3回 山本想太郎X鷹野隆大 「サッカーはアートを救えるか」

@ギャラリータグボートの連載トーク企画第3弾。
今回は建築家の山本想太郎氏をお招きし、
サッカーと美術あるいは建築との関係について論じていただきます。

日時: 11月29日(土) 18:30〜20:00 (受付:18:00〜)
場所: Book246 (東京都港区南青山1丁目2-6 Lattice青山) 地図
料金: 500円
定員: 30名(要予約)
お申し込み: http://www.tagboat.com/event/index.htm
※当日混雑した場合は、立見となる可能性もございますので、
お早めにご来場ください。

エルサレム(2005年)小データ.jpg

画像クレジット:
エルサレム(2005年)
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

鷹野隆大 ゆらぎ

弊社関連作家である鷹野隆大がカームアンドパンクギャラリーに
おきまして、個展「ゆらぎ」を開催致します。

私たちにとって、時間の流れは一定ではありません。そして、そ
の時間の流れは精神状態と密接に関わっているものです。精神状
態の変化と共に速くなったり遅くなったり、伸びたり縮んだりす
ることもあります。作家は今回、様々な捉えられ方をする「時間」
に注目し展示を行います。
写真は時間のある一瞬を選択して凍結させたものです。写真を
ベースに考える作家にとって、そんな一瞬がつながって生まれた
時間が映像作品です。それは一本の安定した流れではなく「途切
れ途切れの連続体」と言えるでしょう。
本展では、これまで断続的に制作してきた映像作品の中から、未
発表の作品を含め、同時期にフランスで開催されるパリフォトの
出品作などを展示します。また、プロジェクターやテレビモニ
ターを用いて、空間のインスタレーションを試みる初めての展示
となります。作家の表現の幅を広げる展示となるでしょう。
なまめかしさと優しさが共存する作家独特の写真世界を体験する
だけではなく、作家が時間を如何に捉え、表現したのかを体験で
きる展覧会です。

名称 : ゆらぎ
会期 : 2008年11月7日(金)〜 11月26日(水)
時間 : 11:00 - 19:00
※ 11月8日(土)にオープニングパーティーを開催いたします。
(18:00 - 21:00)
入場 : 無料
会場 :CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
    〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741
URL : http://www.calmandpunk.com/
共催 : ユミコチバアソシエイツ

1_2.jpg

c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / ZEIT-FOTO SALON 
posted by ユミチバ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ001」のご案内

この度、若手ディレクター25名が選ぶアートフェア『エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ001」』に、弊社より水野慶子が参加することとなりました。
弊社所属作家 鷹野隆大、田中麻記子作品を出展いたします。
是非足をお運び頂けますようお願い申し上げます。

『エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ001」』
会期:2008年10月29日(水)-11月3日(月・祝)/会期中無休
時間:11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)/入場無料
   東京都港区南青山5-6-23  TEL:03-3498-1171
主催:ウルトラ実行委員会
フェアマネージャー:池内務(株式会社レントゲンヴェルケ)
企画制作:スパイラル

【関連企画】
KLUB ULTORA directed by 夜会機動隊
10月28日(火)19:00-24:00
EATS and MEETS Cay(スパイラルB1)
Admission free/cash on delivery
出演:野村雅美
Jiji(在不-zaisenu)
DJ WATARU
DJ親方

【特別企画】
Yahoo!オークション スペシャル
SPIRAL Auction with RaNa design
10.28 tue vol.1 Start  〔入札期間1週間〕
ウェブサイトを中心に多くのクリエイティブを生み出しているラナデザインとスパイラルが運営するアートのオンラインオークションを、Yahoo!オークション内に期間限定で展開します。
第一弾は「ウルトラ001」との連動で25点の作品を出品。今後も希少なアートグッズが続々登場する予定です。尚、収益の一部は(財)日本対がん協会の「乳がんをなくす『ほほえみ基金』」に寄付されます。

posted by ユミチバ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

青参道アートフェアのご案内

弊社関連作家参加 「青参道アートフェアのご案内」
hpgrp GALLERY東京が中心となり開催される青山・表参道エリアのアートフェア、「青参道アートフェア」に、弊社所属作家 田中麻記子、植松琢麿が参加します。
関連作家 北川貴好、荘司美智子も参加します。
-----------------------------------------------------------
2007年秋、「歩き慣れた大通りから、路地へ入って寄り道を」という思いを掲げ、青山通りと表参道を結ぶ通りを「青参道」と名付け初めて開催された「青参道アートフェア」。
個性豊かなショップが集まるこの通りで、店舗スペースを利用し、様々なアートを展示販売。注目される多くの若手アーティストの参加や、トークイベントも開催決定。東京のカルチャーシーンを代表するショップの数々、今後のアートシーンを引っ張るアーティスト達が集まる青参道に是非遊びにいらしてください。

「青参道アートフェア」
会期:2008年10月31日(金)−11月3日(月祝)
オープニングレセプション:10月30日(木) 19:00〜21:00
会場:hpgrp GALLERY 東京と近隣の店舗
イベント詳細、トークイベント参加お申し込みはウェブサイトwww.aosando.com
よりご確認ください。皆様のお越しをお待ちしております。

弊社関連ARTIST 展示場所
田中麻記子 io/表参道店
植松琢麿・荘司美智子 水金地火木土天海冥(H.P.DECO内)
北川貴好 suginoko

【アートフェアに関するお問合せ】
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F
Tel:03-3406-0032 / Fax:03-3406-0235
Email: art@hpgrp.com
URL: www.aosando.com
posted by ユミチバ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

東恩納 裕一  ―絵画・蛍光灯・モアレ・鏡・・・―

東恩納裕一が中部地方で初の個展をギャラリーM(日進市、愛知県)にて開催します。
東恩納裕一は、中部地方においては、2006年、「愉しき家」(愛知県美術館)にてインスタレーションを発表し、深い印象を与えました。今回は、東恩納裕一の作品を代表するペインティングや、蛍光灯を用いたシャンデリア、それらを用いたインスタレーションなどを展示いたします。

東恩納 裕一  ―絵画・蛍光灯・モアレ・鏡・・・―
会期:2008年10月19日(日)-11月16日(日)
オープニングレセプション:10月19日(日) 17:00〜
会場:ギャラリーM 
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町根裏24-2
Tel: 0561-74-1705  Fax:0561-74-1603
HYPERLINK "URL:%20http://gallery-m.cool.ne.jp/" URL: http://gallery-m.cool.ne.jp/
11:00〜19:00
休廊:月/火曜日
協力:エディション・ワークス

Aichi-Aug3.jpg

展示風景 <愉しき家>
2006
愛知県美術館(愛知)
(c)Yuichi Higashionna
Courtesy: Yumiko Chiba Associates


posted by ユミチバ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YUICHI HIGASHIONNA Marianne Boesky Gallery PROJECT SPACE

東恩納裕一がマリアン・ボエスキーギャラリー プロジェクトスペースにて個展を行います。

YUICHI HIGASHIONNA
Marianne Boesky Gallery PROJECT SPACE
October 11 - November 1, 2008
*Opening Reception : October 10, 18:00-20:00

Marianne Boesky Gallery
509 West 24th Street, New York, NY 10011 
t. 212-680-9889 f. 212-680-9897 
Hours: Tuesday - Saturday, 10am - 6pm

marianne_boesky01.jpg

posted by ユミチバ at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

関山 晃治 個展 「人光〜Human lights〜」のご案内

関山晃治は、作家自身が「違和感」を感じた風景をカメラに写し、その場の空気感まで油絵の具によってキャンバスに忠実に描き出す作家です。
昨年の個展では新宿、代官山に限定した都市風景の作品を発表いたしましたが、この度都市や人が作り出す“人工の光”にテーマを絞った展覧会を開催いたします。

関山晃治 個展 「人光〜Human lights〜」
会期:2008年10月3日(金)−10月26日(日)
オープニングレセプション:10月4日(土)18:00〜
ぜひ足をお運びくださいますようお願い致します。
会場:ギャラリーCN
HYPERLINK "http://gallery-cn.sakura.ne.jp/index.html"http://gallery-cn.sakura.ne.jp/index.html
OPEN:11:00-18:00
休廊:火曜日
住所:神奈川県藤沢市南藤沢 クレスト藤沢206
Tel&Fax: 0466-27-1199


群青色の空を背景に、
さまざまな明かりに照らされた
街が浮かび上がる。
逢魔が時から夜明けまで
眠ることを知らない都会は
人びとの欲望と営みを映す鏡だ。
夜の街にゆれる人工の光を
見つめた関山晃治の油彩。
ときには人を浮き立たせ、
懐かしさをさそい、
あるいは惑わすことも自在な
「人光」のある情景。
現代の印象派は
さまざまな表情を放つ
「人光」の魔術を見逃さない.
松岡伸吾 (ギャラリーCN)

■ARTIST STATEMENT
 私がずっと描いているモチーフのひとつに、ネオンや街灯などの人が作り出した光(以下「人光」)のある景色があります。
「人光」は私達現代人にとってごく普通な景色の一部であり、それを描くことは現代においてとてもオーソドックスな風景画であると考えます。
 また「人光」には単純な美しさ、表面的なきらびやかさと儚さ、人間の虚栄心、日光から「人光」に移り変わる瞬間の美しさと気持ち悪さ、やりすぎ感さえある装飾過多な電飾のおもしろさ、それが集まった歓楽街独特の威圧感など様々なことを感じさせてくれます。
 今回、場所や都市であることにはこだわらず「人光」をテーマに様々なイメージを展示します。単に美しいというだけではなく、「人光」の持つ様々な表情が伝われば、と思っています。                        2008年6月 関山 晃治

ユリア_2.jpg
“ユリア”
2008 Oil on canvas
53.0×72.7 cm
※当個展出展予定作品
©Koji Sekiyama
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松 琢麿個展「珊瑚の森」ご案内

動物の剥製や天然石などの素材を組み合わせたオブジェと平面作品によって、地球上のあらゆる生命の営みや希望を込めた新しい姿を打ちだす植松琢麿。hpgrp GALLERY TOKYOでの新作個展では、イノシシと白鳥、鹿と珊瑚など、自在に他の固体と結合させた「生命の象徴」が白い世界となって卓上に現れます。
あわせて、動物と植物のモチーフを組み合わせ、生命が誕生するイメージを表わした”Ceremony”シリーズの大作新作も発表致します。

植松 琢麿 個展「珊瑚の森」
会期:2008年10月3日(金)−10月26日(日)
オープニングレセプション:10月3日(金) 19:00-21:00
ぜひ足をお運び頂けますようお願い致します。
会場:hpgrp GALLERY 東京
東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F
Tel: 03-3406-0032 Mail:art@hpgrp.com
URL: HYPERLINK "http://www.artdiv-hpf.com/tokyo" http://www.artdiv-hpf.com/tokyo

アーティスト・コメント
白い動物のいる白い森。個のカタチ、意識がぼんやりとした境界を失いながら、相対の連鎖へ溶けていく。まるで群生を織り成す白いサンゴ礁のような世界が広がります。      植松 琢麿

mix-white fawn×coral.jpg
画像クレジット
植松琢麿 作品
“mix-white fawnXcoral”
2008
mixed media
H520XW200XD500 mm

植松creatures.jpg
植松琢麿 作品
ceremony-creatures1
2008
ラムダプリント
500×1500mm
Ed.5

posted by ユミチバ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大、田中麻記子 弊社ビューイングルーム展示のご案内

弊社ビューイングルーム/銀座にて、鷹野隆大と田中麻記子の作品展示を開催いたします。

"鷹野隆大 ぱらぱら2002/2008"
 “スティル|モーション 液晶絵画”に出品中の“ぱらぱら2002/2008”の原画を展示します。
"田中麻記子 油彩展示"
 ギャラリーエム(愛知)での個展「wink」にあわせ、本年度新作油彩を展示いたします。
10/21の展示替えより、本展示にあわせ制作した油彩新作を発表いたします。

第一期:2008年9月24日(水)-10月17日(金)
第二期:2008年10月21日(火)-11月21日(金)
OPEN:火〜金 13:00-19:00 土/予約
CLOSED:月・日・祝祭日
ユミコチバアソシエイツ ビューイングルーム/銀座
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
TEL:03-5524-2451 FAX: 03-5524-2452

【田中麻記子 同時開催】
個展「wink」
2008年9月7日(日)-10月5日(日)
ギャラリーM
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町根裏24-2
Tel: 0561-74-1705  Fax:0561-74-1603
URL: http://gallery-m.cool.ne.jp/
開場時間:11:00〜19:00
休廊:月/火曜日

【鷹野隆大 同時開催】
<グループ展>
■“スティル|モーション 液晶絵画”
会期:2008年8月23日〜10月13日
会場:東京都写真美術館 2階・地下1階展示室
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
Tel.03-3280-0099/Fax.03-3280-0033
http://www.syabi.com/index.shtml

■“Backlight 2008”
Tickle Attack 8th International Photography Triennial“
鷹野隆大の作品はフィンランドのタンペレExhibition Centre TR1に展示されます。
“Backlight 2008” Tickle Attack 8th International Photography Triennial“
20. Sept - 9. Nov  Tue - Sun 10:00-18:00
Exhibition Centre TR1
Finlayson-area; Vaino Linnan aukio 13  TAMPERE, Finland
http://www.backlight.fi/

REDchords-1.jpg
田中麻記子 作品
”RED chords” 
2008
 油彩、キャンバス
80.3×53.0 cm(25M)
©MakikoTanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

Takano03-0.jpg
鷹野隆大 作品
“20070729a03-36” (right)
“20070729 a03-31” (left)
シリーズ“ぱらぱら2002/2008”より
©鷹野隆大 /Takano,Ryudai
Courtesy: ZEIT- FOTO SALON/Yumiko Chiba associates

posted by ユミチバ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

田中 麻記子個展「wink」のご案内

田中麻記子は、今年はじめての制作となる油彩を発表し、肉厚な色彩と深化した強度のある世界観が好評を得ました。
この度、中部地区で初の発表となるギャラリーM個展 『wink』では、80号三連作から小品まで油彩新作約20点を発表するとともに、あわせて鉛筆画大作、版画シリーズ『madame pouple』もご紹介いたします。

展覧会タイトル:「wink」
会期:2008年9月7日(日)-10月5日(日)
オープニングレセプション:9月7日(日)17:00〜
ぜひお立ち寄り頂けますよう御願い申し上げます。
会場:ギャラリーM
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町根裏24-2
Tel: 0561-74-1705  Fax:0561-74-1603
HYPERLINK "URL:%20http://gallery-m.cool.ne.jp/"URL: http://gallery-m.cool.ne.jp/
開場時間:11:00〜19:00
休廊:月/火曜日
協力:エディション・ワークス/ユミコ チバ アソシエイツ
------------------------------------------

■ARTIST STATEMENT
無彩色の鉛筆画のあとの油彩画で最初に発見したことは、透明だと
思っていた空気の色は七色で、その一色の中にもまた枝分かれして
七色が存在し、またその一色の中にも・・と永遠の細やかな虹が連続
しているということです。
そしてそれらの全体像はまるでにんげんの血管や細胞のように絡み
合っていて、そのまま見えたとおりに塗らないと、自分のからだの
中も居心地悪くなりました。なので、自分のなかみとこの散らばった
空気の接点を確認出来もし、その状態で空想をすると、虹が更に具体
的な指令を出してくれるのです。  
2008年7月 田中 麻記子

wink6.gif

田中 麻記子 作品 「winkの楽園」
2008年 油彩、キャンバス
80号3連作(145.5×112.0cm/1点)

©Makiko Tanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2008年08月28日

SPBS×東恩納裕一

■渋谷の書店SPBS (SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS, LLC)にて
インスタレーションを行っています。

○SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS × vol.1
      SPBS × 東恩納裕一
会期:2008年8月9日(土)−9月9日(火) 12:00-26:00
SPBS(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS, LLC)
150-0047東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
TEL:03-5465-0588/FAX:03-5465-0578
HYPERLINK "http://www.shibuyabooks.net/" http://www.shibuyabooks.net/
spbs3(1).jpg
spbs4(1).jpg

○東恩納裕一初となるアーティストブック「GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA」、
THIS PLAY 展(2007年、21_21DESIGN SIGHT、東京)の際制作したトートバッグも販売中。
ch柄.jpg

GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA
頁数:64ページ
版型:210mm×297mm
製本:ハードカバー
定価:本体3,500円+税(予価)
発行元:ガスアズインターフェイス株式会社
協力:ユミコチバアソシエイツ

FL120-04.jpg

posted by ユミチバ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティル|モーション 液晶絵画

“スティル|モーション 液晶絵画”
最先端の液晶ディスプレーによる作品を中心に構成される展覧会“スティル|モーション 液晶絵画”。
鷹野は映像作品 シリーズ<電動ぱらぱら>から新作を発表します。

2008年8月23日〜10月13日
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
会場:東京都写真美術館 2階・地下1階展示室
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
Tel.03-3280-0099/Fax.03-3280-0033
HYPERLINK "http://www.syabi.com/index.shtml" http://www.syabi.com/index.shtml
料 金:一般 1,000(800)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 600(480)円
※( )は20名以上団体および東京都写真美術館友の会、上記カード会員割引
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料※第3水曜日は65歳以上無料
主催:東京都写真美術館/朝日新聞社
特別協力:シャープ株式会社
協力:ボーズ株式会社/エプソン販売株式会社
--- アーティスト・ギャラリートーク ---
場所:2階展示室、地下1階展示室
各日午後2時より
9月12日(金) 出演:小島千雪・鷹野隆大
9月26日(金) 出演:やなぎみわ
当日有効の展覧会チケットをお待ちの方はどなたでもご参加いただけます

08_still_motion.jpg



posted by ユミチバ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジアトップギャラリー ホテルアートフェア2008

<アートフェア>
“アジアトップギャラリー ホテルアートフェア2008“

鷹野隆大が、ホテルニューオータニで開催される、「アジアトップギャラリー ホテルアートフェア2008」にツァイト・フォト・サロンから参加します。

「アジアトップギャラリー ホテルアートフェア2008」
日時:2008年8月29日(金)12:00−20:00
      8月30日(土)12:00−20:00
      8月31日(日)12:00−19:00
会場:ホテルニューオータニ東京 ガーデンタワー22・23・24階
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1
入場料:1Day Pass \1,000.-

EJ.jpg

posted by ユミチバ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

鷹野隆大の展覧会のご案内<グループ展>

“写★新世界”
写真家・写真評論家の港千尋氏が監修を行う、
“写★新世界”に鷹野隆大が“ぱらぱら2002/2008”を出品中。
2008年7月20日(日)−8月25日(月) 10:00-19:00(入場は18:30まで)
せんだいメディアテーク 6階ギャラリー4200
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
HYPERLINK "http://www.smt.city.sendai.jp/" http://www.smt.city.sendai.jp/

“スティル|モーション 液晶絵画”
2008年8月23日〜10月13日
東京都写真美術館 
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
Tel.03-3280-0099/Fax.03-3280-0033
HYPERLINK "http://www.syabi.com/index.shtml" http://www.syabi.com/index.shtml

“ A PRIVATE HISTORY - Japanese Contemporary  Photography”
昨年コペンバーゲンにて開催されたグループ展、“ A PRIVATE HISTORY ”(2007年9月29日〜12月21日、フォトグラフィックセンター、コペンハーゲン/デンマーク)がフィンランドVB Photographic Centreに巡回、鷹野隆大はシリーズ「男の乗り方」を出品中。
June 5–Augost 31, 2008
Open every day Mon-Fri 10 am-7 pm, Sat-Sun 11 am-4 pm
VB Photographic Centre (The Victor Barsokevitsch Photographic Centre) HYPERLINK "http://vb.kuopio.fi/index.php?id=38" http://vb.kuopio.fi/index.php?id=38
Admission fee 5/4 €, under 12 yers for free
Mikiko Hara, Ryudai Takano, Masanori Ikeda and Kumi Oguro

“Backlight 2008 Tickle Attack 8th International Photography Triennial“
2008年9月20日-11月9日
タンペレ(フィンランド) 他ヨーロッパ各都市
HYPERLINK "http://www.backlight.fi/" http://www.backlight.fi/
*テンダーペニスシリーズから出品を予定しています。
*2009年5月 Łódz Photo Festival/ウージ(ポーランド)に巡回します。

DM.jpg
アリゾナ/アメリカ(1994年)
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy:ZEIT-FOTOSALON/Yumiko Chiba Associates

Toshihisa_3(2001).jpg
“トシヒサ#3”
シリーズ<tender penis>より
2001
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates

12.jpg
シリーズ“ぱらぱら2002/2008”
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates

jp5.jpg
“お尻に手をあてて振り返っている”
シリーズ<男の乗り方>より
2007
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates

08_still_motion_mie.jpg
展示風景:<液晶絵画 スティル|モーション>
2008年 三重県立美術館(三重)
©鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates

posted by ユミチバ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹野隆大 トーク連載 「タカの部屋」

@Gallery TAGBOATプロデュース <トーク連載 「タカの部屋」>   http://www.tagboat.com/contents/lifestyle/vol23_takanoheya.htm
・第2回公開トーク 「いい男論」
 東京都写真美術館京都写真美術館事業企画課長の
笠原美智子氏をお招きし、「いい男」について論じます。
2008年8月9日(土) 18:30〜20:00 (受付:18:00〜)
Book246 東京都港区南青山1丁2-6 Lattice青山) HYPERLINK "http://www.tagboat.com/event/" \l "map" 地図
料金: 500円
定員: 30名(要予約・座席指定なし)
お申し込み→HYPERLINK http://www.tagboat.com/event/

・港千尋 × 鷹野隆大「反権力」(5月22日開催)の模様が
ウェブUPされました。
posted by ユミチバ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

お詫び

お詫び
この度、高松次郎『写真の写真』作品集出版が急遽決定しシリーズ全点が印刷所
にまわっております。
よって、予定より会期を早めまして第2期『光と影』の作品を展示しております。
作品集の発売日、内容等は決定次第お知らせ申し上げます。
posted by ユミチバ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

弊社ビューイングルーム展示第2弾「光と影」

「写真の写真」シリーズ展示につづき、会期を少し早めまして、現在「光と影」を展
示いたしております。
ぜひお立ち寄り頂けますようお願いいたします。


2008年7月15日(火)〜8月29日(金)
OPEN:火〜金 13:00-19:00
土/要予約
夏季休廊:8月9日(土)〜8月17日(日)

ユミコチバアソシエイツビューイングルーム/銀座
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
tel:03-5524-2451 fax:03-5524-2452
mail:info@ycassociates.co.jp
URL:http://www.ycassociates.co.jp/

JiroTakamatsu.jpg

posted by ユミチバ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

高松次郎 弊社ビューイングルーム/銀座 展示のご案内です

高松次郎 
「写真の写真」 2008年6月24日(火)〜7月31日(火)
「光と影」   2008年8月1日(金)〜8月29日(金)
        夏季休廊:8月9日(土)〜8月17日(日)

「写真の写真」シリーズは1972年に制作され、1973年サンパウロビエンナーレに
出品。出品当時は全点で50点以上あったが、その後1991年に作家が45点に限定し、
新たにトリミングしなおしました。今回はそのなかから6点を展示します。
8月は「光と影」を展示します。


Open:火〜金 13:00-19:00(土:要予約)  Closed:日・月・祝祭日
ユミコ チバ アソシエイツ ビューイングルーム/銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
tel:03-5524-2451 fax:03-5524-2452
URL:jttp://www.ycassociates.co.jp

takamatsu.JPG

高松_写真の写真.jpg

(c)YasukoTanakamatsu
Courtesy of Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

田中麻記子 個展インスタレーションビューと新作をご紹介します。

不協和音のとき.JPG
”不協和音のとき”
 2008
 油彩、キャンバス
 162.0×97.0 cm
(C)Makiko Tanaka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates

tanaka_HPF1.JPG

tanaka_HPF3.JPG

-------
田中麻記子 個展「sign/kehai」
会期:2008年5月9日(金)−6月1日(日) 11:00−20:00
会場:hpgrp GALLERY東京
URL:http://www.artdiv-hpf.com/tokyo/
150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F
Tel:03-3406-0032  Fax:03-3406-0235
協力:エディション・ワークス
---------


posted by ユミチバ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

鷹野隆大

@GALALLY TAGBORTプロデュース<トーク連載「タカの部屋」>
鷹野隆大が話を聞いてみたい著名人ををゲストにお招きして、対談し、
@GALALLY TAGBORT(http://www.tagboat.com/)サイト上にて、連載します。
6月4日(水)公開、隔月に更新予定。

*第一回 公開トーク 港千尋×鷹野隆大「反権力」放浪の写真家・港千尋氏にカメラという「武器」を手にしたきっかけ、その効用を尋ねる。また、二人の共通の恩師である「反権力」の美術批評家、坂崎乙郎氏を偲びつつ、語りあう。

出演:ゲスト/港千尋氏(写真家・批評家・キュレーター)、鷹野隆大(写真家)
2008年5月22日(木)19:30〜21:00(19:00開場)
会場: BOOK246店内   http://www.book246.com/   
入場料:500円(ワンドリンク付き)
ご予約はタグボートサイトから: http://www.tagboat.com/contents/event/
お問い合わせ: 0120-39-8618 (タグボートカスタマーセンター)
詳細はお問い合わせください。


バイーア.jpg

バイーア/ブラジル(1922年)
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/Yumiko Chiba Associates

********************
■ユミコチバアソシエイツ ビューイングルーム/銀座 
鷹野隆大/田中麻記子作品を展示中。

2008年5月1日(木)〜6月21日(土) 
Open:火〜金 13:00-19:00(土:要予約)
Closed:日・月・祝祭日
ユミコ チバ アソシエイツ ビューイングルーム/銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
tel:03-5524-2451 fax:03-5524-2452
URL:jttp://www.ycassociates.co.jp
******


鷹野隆大 個展 “ぱらぱら”
2008年6月6日(金)−7月3日(木) 日・月・祝日休廊 10:30-18:30(土/-17:30)
会場:ツァイト・フォト・サロン 104-0031 中央区京橋1-10- 5 松本ビル 4F
Tel:03-3535-7188/Fax:03-3535-7112
http://www.zeit-foto.com/

“液晶絵画 スティル|モーション”(三重県立美術館/三重、国立国際美術館/大阪、
東京都写真美術館/東京)に出品中の映像作品、”電動ぱらぱら”の原画を展示します。


画像タイトル・フォトクレジット:


para_para.jpg
“電動ぱらぱら 2002/2008” 
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/
Yumiko Chiba Associates

para_para02.jpg
シリーズ『電動ぱらぱら』より
“Untitled(アキ+マヤ+ジュン)” 2003
c鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy: ZEIT-FOTO SALON/Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納裕一

東恩納裕一は、2008年4月17日(現地時間:PM5:00/ミラノ)イタリアのミラノ・サローネ(*)会場にて、
第6回目となるプロ・アーティストを対象としたアワードである「ボンベイ・サファイア プライズ2008」を受賞しました。

日本人の本コンペティションにおける受賞は設立以来初であり、イギリス出身のアーティスト アニー・キャトレル/Annie Cattrellさんとの同時受賞となりました。

“ボンベイ・サファイアエキシビジョン”
会場:My Own Gallery, Super studio Piu, Milan (4月21日まで)
※なお、2008年から2009年にかけて、ロンドンのエクセルで行われる「グランドデザイン」(5月3日〜11日)での
展示を皮切りに順次世界各国を巡回する予定です。

chandelier7(H).jpg
“untitled(ch-Z)” 
(C)Yuichi Higashionna
Courtesy:Yumiko Chiba Associates

東恩納裕一 個展 “refract!”
個展にあわせ、東恩納裕一初のアーティストブックを準備中。
今回“refract!”では作家個人が感じる日常ありふれたものに関する違和感や不気味さ、
妄想をユーモラスでセクシーかつ痛快に作品として作り出し、
天井高5mのあるギャラリー空間にてインスタレーションを行います。

2008年 5月16日(金)−6月5日(木) 11:00-19:00
オープニングパーティ: 5月16日(金)19:00-21:00
CALM & PUNK GALLERY(カーム&パンクギャラリー)
住所:〒106-0031東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL & FAX : 03-3401-0741
http://www.calmandpunk.com/

0029.jpg

Installation view of“dazzling & doodling”
GALLERY at lammfromm, Tokyo
(C)Yuichi Higashionna
Courtesy:Yumiko Chiba Associates


posted by ユミチバ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中麻記子 「sign/kehai」

【田中麻記子 新作展覧会のご案内】
日常のなかで自分自身に見出したファンタジーの先にある繊細で綿密な「未知の風景」を鉛筆画によって表現してきた田中麻記子。今回は初めての発表となる油彩画を展示いたします。

◆田中麻記子 個展「sign/kehai」
会期:2008年5月9日(金)−6月1日(日) 11:00−20:00
会場:hpgrp GALLERY TOKYO
URL:http://www.artdiv-hpf.com/tokyo/
150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F
Tel:03-3406-0032  Fax:03-3406-0235
協力:エディション・ワークス
※オープニングレセプション:5月9日(金)19:00-21:00
 お近くにお立ち寄りの際はぜひ足をお運び下さいませ。

アーティスト・ステートメント
私の作品に出てくる小さなパーツ達(花、女性、たこ、団子など)に特別な意味はありません。
それらは集合によって醸し出される‘気配‘ のための原材料のようなものです。
私は、その‘気配‘という抽象的な空気感の中で、 言葉ではない、楽しみや悲しみのコミュニケーションが生々しく行われるのだと思います。 
これは「絵画」ですが、「音楽」のように体感して欲しいと思っています。 田中 麻記子

◆上記展覧会にあわせ弊社ビューイングルーム/銀座でも田中麻記子の油彩新作
を展示いたします.
【田中 麻記子 展示】
会期:2008年5月1日(木)-6月21日(金)
火〜金 13:00-19:00(土:要予約/日・祝日:休み)
ビューイングルーム/銀座(ユミコ チバ アソシエイツ内)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル3F
tel:03-5524-2451 fax:03-5524-2452
URL:http://www.ycassociates.co.jp

tanaka_pool.jpg

posted by ユミチバ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

アートフェアの案内です。

アートフェア<101TOKYO Contemporary Art Fair2008>に
植松琢麿、関山晃治、田中麻記子が参加いたします。

秋葉原の廃校を会場に最先端の国内外ギャラリーが参加する「101TOKYO Contemporary Art Fair2008」
最新の現代アートを紹介、販売すると共にアートにまつわるすべての人々を繋ぎます。
@Gallery TAG BOAT特別ブースより、植松琢麿、関山晃治、田中麻記子が出展いたします。

101TOKYO Contemporary Art Fair 2008 
ブース:「Discover New Artists @TAGBOAT」
一般公開:2008年4月3日(木)〜6日(日)
4月3日(木):11:00 - 21:00
4月4日(金):15:00 - 21:00
4月5日(土):11:00 - 21:00
4月6日(日):11:00 - 17:00

会場:旧練成中学校 〒101-0021 東京都千代田区外神田6−11−14
TEL:03-5988-7830
アクセス:東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩3分
    :JR秋葉原駅から徒歩8分
URL:http://www.101tokyo.com/jp/
posted by ユミチバ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

カン・アイラン/展覧会案内です

■カン・アイラン “One Life, Some Books” 個展
“One Life, Some Books”を青山にオープンしましたCLEARGALLERYにて開催します。
「光る本」とシルバープリントを用いて作家が理想のとする幻想的な図書空間を作り上げます。期間中会場にてトークショーも開催します。是非足をお運びください。

●カン・アイラン “One Life, Some Books” 個展
会期:2008年4月4日(金)−5月31日(木) 11:00-19:00
Closed :日・月・祝祭日
会場:CLEAR GALLERY
150-0002東京都渋谷区渋谷4-2-5プレイス青山
TEL:03-5485-8461
FAX: 03-5485-8462
e-mail:contact@cleargallery.jp
URL:http://www.cleargallery.jp/index.html
展示空間設計:山本想太郎設計アトリエ

●トークショー 「アート・建築・言葉」
日時:2008年4月26日(土)15:00〜16:30(開場/14:30)
出演者:カン・アイラン(アーティスト)、山本想太郎(建築家)
モデレーター:松原眞由美(クリアギャラリー ディレクター)

Kang Tsumari.jpg

Kang AFG.jpg

Kang inart.jpg
posted by ユミチバ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“毎日写真”

鷹野隆大 “毎日写真”のインスタレーションビューを紹介します。

5.jpg
(C)鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy:Zeit-Foto Salon / Yumiko Chiba Associates


*現在は「風景」を主題した作品を展示中。
掲載画像は1月テーマ「冬」のインスタレーションビューです。

会期:2007年12月1日(土)〜2008年3月29日(土)
12:00-19:00(土曜日は要予約)  定休:日祝祭月
会場:ユミコチバアソシエイツ ビューイングルーム/銀座

posted by ユミチバ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。