2010年06月03日

中村綾緒 個展『夜』のご案内

この度、弊社協力企画として、中村綾緒の展覧会『夜』をZuishoji ArtProjects 様のご協力の下開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
中村綾緒は、大学にてテキスタイルを学んだのちに写真作品の制作を開始致します。
撮影対象は何気ない風景、人物や、またそれが何であるか判別できない位ぼけたりぶれたり拡大された水の粒子、光線や人物の皮膚などさまざまです。
中村はあらゆる場面を等しく物質レベルに変換して並べることにより、鑑賞者に新たな世界像と余韻を残します。
今回の個展では、中村が集中的に撮影に取り組む、暗闇に浮かぶ群衆を写したシリーズ『Night』を2会場でプリントと映像に分けて展示致します。
残像から浮かび上がる一瞬のしぐさ、表情、あたたかみをZuishoji ArtProjectsの贅沢な空間で御高覧いただければ幸甚に存じます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

中村 綾緒 個展 『夜』
2010年6月3日(木)−6月20日(日) 
会場1: Zuishoji Art Projects (ZAP) ZAPギャラリーB
Open : 毎週 木・金・土・日曜 / 13:00−19:00

会場2:Zuishoji Art Projects (ZAP) ZAPギャラリーA 
Open: 6月3−6日(木−日)4日間のみ / 13:00−19:00

映像作品を展示致します。

※オープニングレセプション: 6月4日(金) 18:00〜20:00
是非、会場まで足をお運び下さいます様お願い致します。
Zuishoji Art Projects (ZAP)
〒108-0071 東京都港区白金台 3-2-19  瑞聖寺内
URL:http://www.zuisho-ji-arts.net
企画協力:ユミコ チバ アソシエイツ



R0016167.jpg
中村 綾緒
Installation view“夜”2010
ZAPギャラリー
 


■展覧会『夜』のコメント
『夜の庭園、闇に漂う人々、こがねいろの光、ざわめく草花。
絵画や舞台のワンシーンのような残像が浮遊している。
瞼を閉じて次に開けた時には終わっているのかもしれない。
でも目が覚めるまで夢は夢ではない。
1枚1枚が物語を呼び起こす写真のシリーズ。』

中村 綾緒







posted by ユミチバ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納 裕一個展『"fluorescent" new prints & drawings 』のご案内

NADiff gallery 2F にて東恩納 裕一個展"fluorescent" new prints & drawings を開催致しております。


東恩納 裕一 個展 "fluorescent" new prints & drawings
会期: 2010 年6月2日(水)−7 月11 日(日) 12:00-20:00/無休
会場: NADiff gallery 2F (ナディッフギャラリーニエフ)

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1 丁目18-4 1F
Tel:03-3446-4977 Fax : 03-3446-4978
協力:ユミコ チバ アソシエイツ/エディション・ワークス


アーティストトーク「東恩納裕一、紙の仕事を語る」
日時:2010 年6 月11 日(金) 18:00〜19:00
会場:NADiff a/p/a/r/t 1F 店内
スピーカー:東恩納裕一(現代美術作家)
加山智章(エディション・ワークス プリンティングディレクター)
カワイイファクトリー|原田環+中山真理(編集・執筆ユニット)

入 場 料:無料(予約不要)
※30 名様以降は立見となる可能性がありますのでご了承ください。

オープニングレセプション:同日19:00〜20:30
トーク終了後オープニングレセプションを開催致します。引き続きご参加下さいますようお願い致します。


nadiff_5106(1).jpg
Yuichi Higashionna
Installation view
“fluorescent/new prints&drawings”
NADiff Gallery 2F
ⓒYuichi Higashionna
Courtesy: Yumiko Chiba Associates




■コンテンツ&コンセプト(from the Artist)

今回の展示は、2001年から継続している“Flowers”シリーズ(絵画)からパラレルに派生した、新作カラー版画(リトグラフ)と、その版画制作のヒント/切掛けとなった新作ドローイング、両作品をお披露目するものです。

両作品においては、モチーフ(造花とチェーン)を描画するのではなく、その痕跡をダイレクトに写し取る実験的な技法が採用されています。
型取りされるイメージ、そこには偶然に発掘された化石のような生々しさと驚きがあります。


・版画作品について;
2007年の銅板アクアチント以来の版画制作、初のカラー作品となります。
今回、表現されるモチーフとは別に、隠れたモチーフとして“鏡”(シンメトリックな構図・光など)が暗示されます。
鏡はすべてのイメージを写し込むだけでなく、(シンデレラの継母の鏡がそうであったように)、私たちの欲望をも写し込む点で絵画を思わせ、私たちを魅了/畏怖させます。


・ドローイングについて;
モチーフのネガ・ポジのシルエットが混在する画面は、アクリルとラッカースプレーの併用から生み出されたものです。
ドローイングはタブロー(キャンバス絵画)のための準備・演習と思われがちですが、今回の作品は絵画(”Flowers”)から事後的に生み出された、絵画が準備した倒錯したドローイングとも言えます。


posted by ユミチバ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

高松次郎 個展 “JIRO TAKAMATSU SHADOW PAINTINGS”のご案内

高松 次郎**********
ニューヨークのMcCaffrey Fine Artにて、高松次郎「影」シリーズ絵画の展覧会を開催致しております。

JIRO TAKAMATSU  SHADOW PAINTINGS

2010年5月6日(木)-7月2日(金)
McCaffrey Fine Art, New York
23 East 67th Street | New YorJIRO TAKAMATSU  SHADOW PAINTINGSk | NY | 10065
OPEN: 火曜 – 土曜,  10:00– 18:00
TEL:212-988-2200 FAX:212-988-2250
www.mccaffreyfineart.com


No1447.jpg
高松 次郎
“影“ No.1447
1969/97
Acrylic on Canvas
181.8×227.3 cm
Courtesy the Estate of Jiro Takamatsu/ Yumiko Chiba Associates
posted by ユミチバ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東恩納裕一 個展“Venezia/Tokyo”のご案内

ベレンゴ・アカツ・コレクションにて東恩納 裕一個展“Venezia/Tokyo”を開催致します。

今回の展示は、東恩納が、昨年10月、ムラノ(ベネチア)のガラス工房/Berengo Collection からの招待により、同地に滞在、同工房とのコラボレーションによる成果の一端をお披露目する展覧会です。
同コラボの初の成果となる “ベネチアシャンデリア”(展示予定)は、ベネチアの伝統的ガラスシャンデリアと、東恩納が従来モチーフとしてきた蛍光灯を合体させたハイブリッドであるという点で、このコラボをもっとも象徴する作品となっております。
東恩納の新しい展開となる当展覧会に、ぜひ足をお運び頂けますようお願いいたします。

東恩納裕一 個展“Venezia/Tokyo”
2010年5月18日(火)−6月20日(日)
ベレンゴ・アカツ・コレクション
東京都港区南麻布5−10−37 Esq広尾2F
TEL:03-6661-1239
OPEN:月曜〜土曜 10:30-19:30

オープニングレセプション:
2010年5月18日(火) 17:00〜


venetianchandelier(1).jpg
東恩納 裕一
“UNTITLED”
ヴェネツィアグラスシャンデリア、蛍光灯、コード
85×85×90cm, 2010

©Yuichi Higashionna, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


posted by ユミチバ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松 琢麿<グループ展> 『IMPULSE 22』会期延長のご案内

植松 琢麿*******************
<グループ展> 『IMPULSE 22』

*会期が延長いたしましたのでご案内申し上げます。

『IMPULSE 22 Fabian Chiquet, Takuma Uematsu』 
会期延長〜7月17日(土)まで
IMPULSE gallery Christian Löhrl
Kaiserstr. 67 41061 Mönchengladbach, Germany
Tel.: +49 02161 200762
Fax: +49 02161 208661
info@galerieloehrl.de
http://www.impulsegalerie.de

posted by ユミチバ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

鷹野隆大個展「それでも、ワールドカップ」のご案内

鷹野隆大の東塔堂での個展についてご案内申し上げます。

今回は海外でスナップした写真を中心に、6月に開催しますワールドカップに因んで、書籍空間で
サッカー観戦をイメージした展示を展開いたします。
また、関連イベントとして写真家・港 千尋とのトークショ−もございます。
併せて足をお運び頂きますようお願い申し上げます。

■鷹野隆大 個展 「それでも、ワールドカップ」
2010年5月3日(月・祝日)〜5月29日(土)
(12:00-20:00 ※日曜定休)

会場: 東塔堂
〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町5-7第2ヴィラ青山1F
TEL&FAX:03-3770-7387
http://totodo.jp
協力:ユミコチバアソシエイツ/ツァイト・フォト・サロン/CALM&PUNK GALLERY

<オープニングイベント>
2010年5月3日(月・祝日)   18:00〜19:00
鷹野 隆大アーティスト・トーク   『サッカーが教えてくれたこと』  入場無料

*トーク後、レセプションを予定しております。


■関連イベント
2010年5月15日(土)   16:00〜17:30
港 千尋(写真家)×鷹野 隆大  『近未来日本のフットボール』
入場料 500円(1ドリンク付)  

*30名様以降は立見となる場合がございます。ご予約可。


お問い合わせ先:東塔堂
Tel: 03-3770-7387
mail: info@totodo.jp



バイーア/ブラジル(#2).jpg
バイーア/ブラジル
1992年
タイプCプリント
©鷹野隆大/Takano, Ryudai 
Courtesy: Yumiko Chiba Associates/
Zeit-Foto Salon


posted by ユミチバ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

植松 琢麿 個展「complex」の御案内

植松 琢麿個展「complex」について御案内申し上げます


植松 琢麿<個展> 『complex』
植松琢麿は、生物がそれぞれの領域を越えて交わった新しい生命像やその関係性を立体、平面問わず、様々なメディアで表現している作家です。

植松の世界では、まったく別の種が融合して生まれた新しい生物たちが共存し、関係を築いています。それはまるで、植松自身が地球上のあらゆる生命の関係性を探り、その起源と共通項を探しあてる旅の途中のようでもあります。
今回の個展では、植松が近年集中して制作している白い動物の立体シリーズと、作家のイメージの源泉がつまったドローイング作品を中心に展示致します。
自由に、のびやかに広がる植松琢麿イメージの世界をお愉しみください。


『complex 植松琢麿』
2010年3月25日(木)−4月5日(月)
新宿島屋10階美術画廊
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
Tel:03-5361-1111(代表)
10:00-20:00 (最終日は16:00閉会)



アーティスト・コメント
 星雲、アンモナイト、鹿の角、頭髪に見られる渦状性、樹木、海岸線、結晶、人の血管に見られるフラクタル図形など、一見すると違う時間、空間の層に存在するように見えることも、実は類似した形態を共有し、さまざまな関係性が混在している。
それらが、何によってもたらされた結果なのか。
それを探ることが、地球という複合体を知るてがかりになるのかもしれない。
植松 琢麿


R0015858.jpg
植松 琢麿
Installation view “complex”2010
新宿高島屋10階美術画廊

©Uematsu Takuma
Courtesy: Yumiko Chiba Associates




posted by ユミチバ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植松琢麿<グループ展>『IMPULSE 22』のご案内

植松琢麿<グループ展> 『IMPULSE 22』
ドイツの画廊IMPULSE gallery Christian Löhrlが
新進作家の紹介として企画している「IMPULSE」展に植松琢麿が選ばれ
展示致しております。

『IMPULSE 22 Fabian Chiquet, Takuma Uematsu』 
2010年3月13日(土)–5月12 日(水)
IMPULSE gallery Christian Löhrl
Kaiserstr. 67 41061 Mönchengladbach, Germany

Tel.: +49 02161 200762
Fax: +49 02161 208661
info@galerieloehrl.de
http://www.galerieloehrl.de
http://www.impulsegalerie.de
DSC_9948.jpg
植松 琢麿
Installation view “IMPULSE 22”2010
IMPULSE gallery Christian Löhrl

©Uematsu Takuma
Courtesy: Yumiko Chiba Associates


posted by ユミチバ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

田中麻記子 <個展> 『Le pollen』のご案内

田中 麻記子
<個展> 『Le pollen』
 田中麻記子がhpgrp GALLERY東京にてパステル画による新作個展『Le pollen』を開催いたします。
田中は、近年集中して発表してきた油彩作品からパステル画の制作に移行いたしました。存在感あるモチーフはそのままに、パステルによる独特の色彩とその先に続く豊かな物語の新作をご高覧いただけますようお願い申し上げます。

『Le pollen』
2010年3月5日(金)−3月28日(日)
hpgrp GALLERY 東京
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−1−15 
CHビルB1F
Tel:03-3797-1507
URL:http://www.artdiv-hpf.com/tokyo/

secondheart.jpg
田中 麻記子
“second heart”
2010

©Makiko Tanka
Courtesy of Yumiko Chiba Associates


オープニングレセプション:
2010年3月5日(金)  19:00〜21:00

ぜひ足をお運びいただけますようお願い致します。


■ アーティスト・コメント
 他の素材と違いパステルの色彩はふっと吹けば飛んでいってしまいます。
それを指を使って紙に入れ込んでいく作業は、同時に体の中にも色を摺りこんでいくような感覚です。
制作中のパステルの粉は、カラフルな花粉のように空気中を舞っているので、絵と空気がまた結びついたポイントを見ることが出来ます。
 そしてそれらは、粒子、点の集合体ですので、パステルで制作することは、客観視した点の世界を繊細に表す実験になります。
 今回の展示では、森の精やおばけ、色彩の精霊や動物たちが登場します。

田中 麻記子


posted by ユミチバ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

カン・アイラン個展『アイラン・カン 内なる本棚』のご案内

ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催されているカン・アイランの個展についてご案内申し上げます。


韓国で生まれ育ち、カントなどの西洋思想に慣れ親しんだカン・アイランは、自らのアイデンティティーを模索するかのように、1999年から本を用いた概念的なインスタレーションを発表してきました。
一冊の光る本から始まった作品は、近年では、仮想空間に本の存在性を再構築するインスタレーションに発展し、見る人が身体で体験できる相互作用的な新しい知のあり方を探っています。
日本の美術館スペースでの初の本格的な個展となる本展では、展示室のなかにミラールームを設け、虚構のまじる多元的な空間をつくりだします。
この機会に、ぜひ、カン・アイランがつくりだす思想空間を体感下さいませ。


「アイラン・カン‐内なる本棚」
2010年2月20日(土)― 5月9日(日)
ヴァンジ彫刻庭園美術館
〒411-0931 静岡県駿東郡長泉町クレマチスの丘347-1
開館時間:2・3月/10:00-17:00 4・5月/10:00-18:00
休館日:毎週水曜日(祝日の場合はその翌日

3.jpgAiran Kang
Installation view at
PULSE ニューヨークアートフェア
2009
©Airan Kang
Courtesy of Yumiko Chiba Associates


●展覧会関連イベント

*ワークショップ
「”私の一冊”を作って、展示しよう」
日時:2010年3月27日(土) 13:00-16:00
会場:ヴァンジ彫刻庭園美術館内
対象:小学校3年生〜中学生
材料費: 1,000円(付添いの大人の入館料が別途かかります)
持ち物:自分のお気に入りの本一冊(忘れずに!)
定員:15名
※要予約

*ご予約、お問合せ:ヴァンジ彫刻庭園美術館
Tel:055-989-8785


カン・アイラン プロフィール
1960年ソウル生まれ。1983年梨花女子大学校美術大学西洋画科卒業。1987年多摩美術大学修士課程修了。2009年同大学博士号取得。2002年ニューヨーク大学美術専攻交換教授。2002-4年ニューヨークインターナショナルスタジオ&キューレイトリアルプログラム参加。 現在梨花女子大学校美術大学教授。
韓国、日本、ヨーロッパなど各方面で国際的に発表を行う。最近の展覧会として、アジア・アートビエンナーレ(台湾 09/10/24-10/2/28)「Beginning of New Era」The Seoul site for the National Museum of Contemporary Art(ソウル 09/10/22-12/6)大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009(新潟 09/7/26-9/13)に出品。


posted by ユミチバ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。